PV EXPO 専門技術セミナー

PV-6 太陽光発電、世界のGW市場の見通しと今後の成長市場
3月1日(水) 9:30 - 12:00
コースリーダー: Course Leader:  (株)資源総合システム 一木 修 (株)資源総合システム 一木 修
サブコースリーダー: Sub Course Leader:  ソーラーフロンティア(株) 櫛屋 勝巳 ソーラーフロンティア(株) 櫛屋 勝巳

太陽光発電世界市場の最新動向と見通し

2016年の世界の太陽光発電システム導入量は60GW台に到達する見込みである。中、米、日が導入を牽引しているが、発電コストの低下により新市場での導入も伸び始めている。本講演では、注目市場に重点を置いたうえで世界市場の動向と見通しについて概説する。
(株)資源総合システム 調査事業部 部長 上席研究員 貝塚 泉 貝塚 泉 部長 上席研究員 調査事業部 (株)資源総合システム
講演者プロフィールProfile
(株)資源総合システムに2003年に入社。太陽光発電の市場、産業及び政策の調査を専門としており、調査事業部長を務める。国際エネルギー機関・太陽光発電システム研究協力プログラム(IEA PVPS)におけるStrategic PV Analysis & Outreach部会の日本代表を2003年から務める。同部会が刊行する太陽光発電の動向を総括したTrends in Photovoltaic Applicationsの著者の一人でもある。また、太陽光発電市場のアナリストとして、The PV Market Allianceに参加し、各国の専門家と共に市場分析の取り組みに参加している。

米国PV市場は右型上がり成長を持続できるか?

米国PV市場は今まで右肩上がりで確実に成長したきた「唯一」の国なのである。その鍵は「多様」。連邦、州、群・市、さらに電力会社の各レベルで多数のPV普及政策を打ち出している。それらの異なる政策の解説と、政策見直しが与える市場インパクトについて語る。
KIB Consulting ジャーナリスト Junko Movellan Junko Movellan ジャーナリスト KIB Consulting
講演者プロフィールProfile
現在、約20年の米国太陽光発電市場での経験を活かし、米国・日本における太陽光発電の政府政策、川下市場トレンド、電力自由化に関する記事を米国(Renewable Energy World, Solar Novas Today, Solar Industry Magazineなど)、日本(日経テクノロジー、日経エレクトロニクス、ソーラージャーナル、PVeye)、そしてヨーロッパ(pv magazineなど)のメディアに執筆する。

PV産業への関わりは、(米)Kyocera International, Inc. (京セラ北米統括本部)に入社で始まり、同社でMarket Development Analystとし、太陽電池を含む北米市場開拓事業(市場調査、事業戦略)に長年従事する。
太陽光発電電池メーカーで産業の経験を積んだ後、2006年に太陽光発電市場リサーチ・コンサルティング分野で老舗的な(米)Solarbuzz社(現在NPD Solarbuzz)に入社。同社で7年間Senior Analystとし数々の太陽光発電市場分調査・分析,関連レポートの執筆、コンサルティングプロジェクトのリードを担当。さらに米国、日本、中国、韓国で太陽光発電市場に関する講演などもこなし、現職のジャーナリストである。

中国およびインドの国内太陽光発電市場の状況と展望

中国とインドは、将来重要な太陽光発電能力を国内に配備すると予測されている。これを牽引するのは、各国の対応政策である。本講演では、現在の状況と法的枠組みの今後考えられる進化に焦点を当てて説明する。
Asia Europe Clean Energy (Solar) Advisory (AECEA) Co., Ltd. Director Frank Haugwitz Frank Haugwitz Director Asia Europe Clean Energy (Solar) Advisory (AECEA) Co., Ltd.
講演者プロフィールProfile
工業メカニックを職業として、北京/中国を拠点にビジネス言語(中国学)および国際ビジネス管理の学位を取得し、2002年以来、中国で拠点に太陽光発電および再生可能エネルギー プロジェクトに取り組む。2009年1月初めにシンガポールを拠点とするAsian Photovoltaic Industry Association(APVIA)を設立。2012年10月には、香港でAsia Europe Clean Energy (Solar) Advisory Co. Ltd. (AECEA)を創業。

※敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。
 都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合、およびテキスト配布の無い講演もございます。あらかじめご了承ください。
(Honorifics omitted) Please note that recording and photography are strictly prohibited.
Speakers and programs are subject to change. Textbooks of some presentations might not be available.

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

 
受付時間 10:00~18:00(土日祝除く) Office Hours: 10:00-18:00 (JST) excluding weekends & holidays