水素・燃料電池展 専門技術セミナー

FC-1 燃料電池自動車(FCV)普及拡大に向けた開発と展望
2月28日(水) 9:30 - 12:00
コースリーダー: Course Leader:  燃料電池実用化推進協議会(FCCJ) 里見 知英 燃料電池実用化推進協議会(FCCJ) 里見 知英
サブコースリーダー: Sub Course Leader:  (一財)日本自動車研究所 富岡 秀徳 (一財)日本自動車研究所 富岡 秀徳

FCVの開発と初期市場の創出 ~水素社会を目指して~

2017年秋の時点で、国内、カリフォルニア州に、各々2000台以上のFCVが市場導入されている。欧州でも徐々に導入台数が増加しており、FCV初期市場の創出活動が開始された。FCバスも、欧米に加えて、中国でも導入が始まり、国内も2017年2月、東京都に2台が納車された。まだまだFCV台数も少なく、水素ST箇所数・設置場所・利便性も不十分だが、政府・自治体・インフラ会社・自動車会社等が協力し、着実に普及を目指したい。
トヨタ自動車(株) 先進技術統括部 担当部長 河合 大洋 河合 大洋 担当部長 先進技術統括部 トヨタ自動車(株)
講演者プロフィールProfile
1978年、トヨタ自動車入社。エンジン先行開発、欧州駐在、基礎・先行開発企画業務を経て、2001年~2012年までFC開発の部長を務める。その後、技術統括部 担当部長としてFCV市場導入の企画・渉外活動、他社との協力体制構築を担当し、現在に至る。

日産自動車における電動車開発と燃料電池技術

クルマの電動化は様々なエネルギの有効活用とエミッションの低減に有効なソリューションであり、日産自動車では100%電気自動車LEAFや、新しいカタチの電気自動車e-Powerの量産に加え、燃料電池自動車の開発にも取り組んでいる。本講では電動化がもたらすモビリティ社会の将来と、最近のトピックスについて紹介する。
日産自動車(株) 総合研究所 EVシステム研究所 所長 森 春仁 森 春仁 所長 総合研究所 EVシステム研究所 日産自動車(株)
講演者プロフィールProfile
1991年日産自動車(株)に入社。総合研究所にて、動力伝達系部品、無段変速機の研究開発に従事。研究企画業務を経て、電動駆動研究開発を担当。2011年からEVシステム研究所長、現在に至る。

Hondaの燃料電池自動車開発と水素社会に向けた取組み

Hondaは2016年3月にClarity Fuel Cellを世に出した。本講演では、車の概要の紹介に加えて、開発における技術的な課題を整理し、解決に向けた取組み内容を解説すると共に、FCV開発だけでなく、水素社会に向けた「つくる」「つかう」「つながる」というコンセプトを打ち出して様々な取り組みを概説する。
(株)本田技術研究所 第5技術開発室 上席研究員 守谷 隆史 守谷 隆史 上席研究員 第5技術開発室 (株)本田技術研究所
講演者プロフィールProfile
1981年3月 大阪大学卒業。
1981年4月 本田技研工業に入社し、9月に(株)本田技術研究所のエンジン設計部署に配属され、
      主に将来エンジンの研究に従事
1995年7月 燃料電池自動車開発の取組みに従事、以降燃料電池スタック開発、車両開発を担当し、
      開発部署のマネージャー、執行役員を経て現職に至る。

※敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。
 都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合、およびテキスト配布の無い講演もございます。あらかじめご了承ください。
(Honorifics omitted) Please note that recording and photography are strictly prohibited.
Speakers and programs are subject to change. Textbooks of some presentations might not be available.

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

 
受付時間 10:00~18:00(土日祝、12/29~1/3を除く) Office Hours: 10:00-18:00 (JST) excluding weekends & holidays