水素・燃料電池展 専門技術セミナー

FC-4 エネファームの新展開と普及拡大に向けた取組み
3月2日(金) 9:30 - 12:00
コースリーダー: Course Leader:  燃料電池実用化推進協議会(FCCJ) 里見 知英 燃料電池実用化推進協議会(FCCJ) 里見 知英
サブコースリーダー: Sub Course Leader:  大阪ガス(株) 山﨑 修 大阪ガス(株) 山﨑 修

大阪ガスにおける家庭用燃料電池開発と電力ビジネスへの活用

大阪ガスでは、2012年に家庭用SOFCコージェネレーションシステムを販売開始して以来、SOFC方式の特長を活かしたコスト低減、発電効率向上、小型化などの技術革新と普及拡大に取り組んでいる。また、2016年度からの電力自由化に合わせ、家庭用SOFCの余剰電力を買い取り、電力ビジネスに活用している。本講演ではこれらの最新の取り組み状況を紹介する。
大阪ガス(株) 商品技術開発部 マネジャー 岩田 伸 岩田 伸 マネジャー 商品技術開発部 大阪ガス(株)
講演者プロフィールProfile
東京大学大学院工学研究科修士課程修了。1993年、大阪ガス(株)に入社。1997年より、家庭用ガスエンジンコージェネレーションの開発に従事。2006年より、家庭用固体酸化物形燃料電池の開発を担当。2013年より現職。

T-グリッドシステムによるマンション内電力融通技術の開発

T-グリッドシステムは、マンション内の住戸間で電力融通を可能にするシステムで、発電余力のある家庭のエネファームから電力が不足する家庭に電力を供給するものである。 これにより、さらなる系統依存度の低減、省エネ、CO2削減に貢献することが可能となる。
静岡ガス(株) エネルギー戦略部 スマートコミュニティ開発担当 マネジャー 上木 敏 上木 敏 マネジャー エネルギー戦略部 スマートコミュニティ開発担当 静岡ガス(株)
講演者プロフィールProfile
1995年3月、神奈川大学を卒業し、同年4月、静岡ガス(株)に入社。2010年4月、営業統括部低炭素システム担当に配属となったことを機に、エネルギー政策や自治体の施策と最新技術動向を組み合わせ、地域における最適なエネルギーシステムの構築と実現を目指す業務に従事する。 2017年4月、エネルギー戦略部スマートコミュニティ開発担当マネジャーとなり、現在に至る。

欧州における燃料電池暖房システム: 機会と課題

本講演では、2014年に市場投入した「Vitovalor 300‐P」の経験から、技術面や商品化における諸課題、並びにドイツをはじめ欧州諸国における家庭用燃料電池暖房システムの可能性について紹介する。Vitovalor 300‐Pはパナソニックと共同開発した燃料電池暖房システムである。
Viessmann Heating Systems GmbH Chief Technology Officer, Markus Klausner Markus Klausner Chief Technology Officer, Viessmann Heating Systems GmbH
講演者プロフィールProfile
ドイツのドレスデン工科大学で電気工学と経済学を学ぶ。同大学卒業後(1996年)、米国ピッツバーグにあるカーネギーメロン大学にて、インダストリアル・エンジニアリングの博士号を取得。 Robert Bosch GmbHにおいて様々な管理職ポジションを経験した後、2016年にViessmannに入社。現在は、Viessmann Heating Systemsの最高技術責任者(CTO)。また、固体高分子型燃料電池(PEM)と固体酸化物形燃料電池(SOFC)の2本柱から成るViessmannの燃料電池事業の責任者を務める。

※敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。
 都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合、およびテキスト配布の無い講演もございます。あらかじめご了承ください。
(Honorifics omitted) Please note that recording and photography are strictly prohibited.
Speakers and programs are subject to change. Textbooks of some presentations might not be available.

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

 
受付時間 10:00~18:00(土日祝、12/29~1/3を除く) Office Hours: 10:00-18:00 (JST) excluding weekends & holidays