太陽電池展 専門技術セミナー

PV-2 太陽光発電技術の展望 ~コスト低減と性能向上の見通し~
2月28日(水) 13:30 - 16:00

高効率結晶シリコン太陽電池の開発状況と展望

本講では中国の研究施設および太陽光発電産業における結晶シリコン太陽電池技術の現状を論じる。また、技術およびコストの両側面から異なる結晶シリコン太陽電池の可能性を提示する。
Changzhou Trina Solar Energy Co., Ltd. Technology Development, Vice President, Zhiqiang Feng Zhiqiang Feng Vice President, Technology Development, Changzhou Trina Solar Energy Co., Ltd.
講演者プロフィールProfile
横浜国立大学にて材料工学の修士および博士号を取得後、米アイオワ州立大学にて研究を行った。研究分野は高効率結晶シリコン太陽電池および太陽電池モジュール、太陽電池製品の信頼性。

薄膜太陽電池の将来

現在電力市場に投入されている薄膜太陽電池技術は、CdTeとCIS系の2種類であるが、結晶系Si太陽電池技術と異なり、技術的な多様性を持ち合わせてはいない。会議では、「差別化」をキーワードに結晶系Si太陽電池技術に挑戦している薄膜太陽電池技術の状況を報告する。
昭和シェル石油(株) エネルギーソリューション事業本部イノベーション戦略チーム 担当副部長 サブリーダー 櫛屋 勝巳 櫛屋 勝巳 担当副部長 サブリーダー エネルギーソリューション事業本部イノベーション戦略チーム 昭和シェル石油(株)
講演者プロフィールProfile
1976年3月東北大学工学部金属工学科卒。1978年3月東北大学大学院工学研究科金属工学専攻修士課程修了。同年4月昭和石油(株)入社し、5月より昭和四日市石油(株)四日市製油所出向。1985年10月より太陽電池関連業務に従事。1988年2月よりCIS系薄膜太陽電池の技術開発に従事(社内におけるinitiator)。1993年度よりNEDO太陽光発電R&Dプロジェクトの研究統括責任者として、独創的な高効率化・大面積化・製造技術開発に従事。開発技術をソーラーフロンティア(株)の生産基盤技術として移転。2006年以降、太陽光発電ビジネス関連の広範な業務を担当し、現在に至る。

コスト低減に貢献するPCS技術

太陽光発電所において重要なデバイスの1つである、インバータ(パワーコンディショナ)が持つ機能、特長を説明しながら、発電所における設置、ランニングコストへの影響、また、近い将来を見据えた最新のインバータ要素技術について言及する。
SMAジャパン(株) サービスダイレクター 川上 勝史 川上 勝史 サービスダイレクター SMAジャパン(株)
講演者プロフィールProfile
岡山大学工学部電気電子工学科 卒業。2006年よりSMA Solar Technology AG 製品の分散型オフグリッドおよびパワーコンディショナを扱い始める。2010年に日本への本格市場投入準備として、JET(電気安全環境研究所)認証取得をサポート。2011年6月、日本法人立ち上げに伴いテクニカルダイレクターに就任。2015年よりサービスダイレクター。

※敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。
 都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合、およびテキスト配布の無い講演もございます。あらかじめご了承ください。
(Honorifics omitted) Please note that recording and photography are strictly prohibited.
Speakers and programs are subject to change. Textbooks of some presentations might not be available.

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

 
受付時間 10:00~18:00(土日祝、12/29~1/3を除く) Office Hours: 10:00-18:00 (JST) excluding weekends & holidays