セミナープログラム Previous (2017) Technical Conference

展示会名を選択すると、該当するセミナープログラムが表示されます。

展示会Exhibitions

受講無料/事前申込制のアイコンのつく講演は受講無料

基調講演 Keynote Session


「VIP招待券」をお持ちの方のお申込みはこちら

SG-K 2017年9月20日(水)  10:30  -  12:20

スマートエネルギー社会実現に向けた課題と展望

経済産業省 近畿経済産業局
資源エネルギー環境部 部長 石垣 宏毅

関西電力(株)
電力流通事業本部 副事業本部長 白銀 隆之
BJ-K 2017年9月21日(木)  10:30  -  12:20

業界トップが語る!次世代電池への期待と最新事例

日立マクセル(株)
代表取締役 取締役会長 千歳 喜弘

(株)ジーエス・ユアサ コーポレーション
代表取締役社長 村尾 修
FC-K 2017年9月20日(水)  13:30  -  15:20

いよいよ水素エネルギー社会の実現へ!各社の将来展望

日立造船(株)
執行役員 環境事業本部 開発センター センター長 家山 一夫

(株)本田技術研究所
四輪R&Dセンター 執行役員 武石 伊久雄
TPEX-K 2017年9月22日(金)  10:30  -  12:20

火力発電産業の現状と将来展望

関西電力(株)
取締役常務執行役員 火力事業本部長 島本 恭次

三菱日立パワーシステムズ(株)
取締役常務執行役員 CTO 六山 亮昌
BM-K 2017年9月21日(木)  13:30  -  15:30

木質バイオマス発電拡大への課題と取組み

中国木材(株)
代表取締役 会長 堀川 保幸

(一社)日本木質バイオマスエネルギー協会
副会長 加藤 鐵夫

住友商事(株)
生活資材事業推進部 バイオマスビジネス担当部長 草野 善信

受講無料/事前申込制のアイコンのつく講演は受講無料

基調講演 Keynote Session


「VIP招待券」をお持ちの方のお申込みはこちら

SG-K 2017年9月20日(水)  10:30  -  12:20

スマートエネルギー社会実現に向けた課題と展望

経済産業省 近畿経済産業局
資源エネルギー環境部 部長 石垣 宏毅

関西電力(株)
電力流通事業本部 副事業本部長 白銀 隆之

専門技術セミナー Technical Conference

  • 事前申込制 Pre-registration Required

9月20日(水)開催

14:30

15:15
SG-1 自立分散型社会システムに向けた先導的エネルギーネットワークへの取組み
セミナー申込みApply
京セラ(株)
研究開発本部 ソフトウェアラボ システム研究部 責任者 草野 吉雅
送配電事業者が利用する調整力電源に対して自動ディマンドリスポンス技術により創出されるネガワットを供出する事を目的として、地域に分散するエネルギーリソースを確実に遠隔群制御するエネルギーネットワークの構築内容について説明する。
15:45

16:30
SG-2 関西電力におけるVPP(バーチャルパワープラント)の取組み
セミナー申込みApply
関西電力(株)
地域エネルギー本部 地域エネルギー技術グループ 部長 上田 智之
電力グリッド上に散在するエネルギーリソースを統合的に制御することで、発電所のような電力創出・調整機能を仮想的に行う仕組みであるVPP(バーチャルパワープラント)について、関西電力の取り組みを紹介する。

9月21日(木)開催

11:45

12:30
SG-3 自治体によるエネルギー地産地消の取組み(仮)
セミナー申込みApply
米子市
経済部 経済戦略課 産業開拓室 室長 鵜篭 博紀
15:45

16:30
SG-4 AI技術がもたらす発電プラントの高効率運転
セミナー申込みApply
日本電気(株)
AI・アナリティクス事業開発本部 シニアデータアナリスト 相馬 知也
近年、発電事業においては、設備の稼働率及び保全を含む発電コストの低減要求が強くなってきている。また、電力自由化による競争の発生により、発電設備の安定稼働や保全コストの低減が急務となっている。本講演ではAI技術を活用した設備監視の高度化、高効率運用、それを支える人材育成の取り組みについて事例を交えて紹介する。

9月22日(金)開催

13:15

14:00
SG-5 ソーラーエッジDC最適化パワーコンディショナ・
ソリューション
セミナー申込みApply
ソーラーエッジテクノロジージャパン(株)
テクニカルマーケティング アシスタントディレクター 永沢 健
太陽光発電の最先端技術であるモジュールレベルパワーエレクトロニクス(MLPE)を概観し、そのメリット・デメリットについて述べる。また、MLPEのマーケットリーダーであるソーラーエッジのパワーコンディショナが如何に日本市場の今の課題を解決するかも紹介する。

受講無料/事前申込制のアイコンのつく講演は受講無料

基調講演 Keynote Session


「VIP招待券」をお持ちの方のお申込みはこちら

BJ-K 2017年9月21日(木)  10:30  -  12:20

業界トップが語る!次世代電池への期待と最新事例

日立マクセル(株)
代表取締役 取締役会長 千歳 喜弘

(株)ジーエス・ユアサ コーポレーション
代表取締役社長 村尾 修

専門技術セミナー Technical Conference

  • 事前申込制 Pre-registration Required

9月20日(水)開催

11:45

12:30
BJ-1 LiB用部材の現状と将来展望
~xEV市場の動向を見据えて~
セミナー申込みApply
(株)矢野経済研究所
インダストリアルテクノロジーユニット ユニット長 兼 ソウル支社 ソウル支社長 稲垣 佐知也
xEV市場が各国・地域で拡大しつつあるが、本当に期待通りの市場となるのか?各OEMのxEVラインナップが出揃う2020年前後、市場はどのように変貌しているのか?現状、xEV及びLiB関連市場をリードしている中国市場、企業の動向を中心に、当該市場に対する展望をお話しする。
13:15

14:00
BJ-2 xEV時代の電動車システム技術とバッテリー進化への
期待
セミナー申込みApply
日産自動車(株)
EV・HEV技術開発本部 EV・HEVシステム開発部 部長 渋谷 彰弘
排気燃費の改善は業界の大きな課題であり、xEVに戦略転換する動きも出てきている。日産は、2010年に量産EVをグローバル展開し、更にその普及をサポートするe-POWER技術を投入してきた。本講演では、このような電動システムの動向とそれを支えるバッテリ技術について触れたい。

9月21日(木)開催

14:30

15:15
BJ-3 NLABでの大型蓄電池システムの安全性試験評価
について
セミナー申込みApply
(独)製品評価技術基盤機構
国際評価技術本部 蓄電池評価センター長 山本 耕市
蓄電池が大型化する中で、新しい試験評価が必要となっている。NITEが大阪に整備した試験評価施設であるNLABは、これまで実施が難しかった様々な試験評価が安全に実施できる設備である。NLABが実施可能な試験や、これまでの試験例を紹介する。

9月22日(金)開催

10:30

11:15
BJ-4 機能性バインダーが実現するリチウムイオン電池の
高性能化
セミナー申込みApply
日本ゼオン(株)
エナジー材料事業推進部 部門長 脇坂 康尋
近年、機能性バインダーがリチウムイオン電池の性能を大きく左右することが広く認知され始め、 固液界面の反応を制御するための機能性材料として大いに注目を集めている。本講演ではリチウムイオン電池の高性能化に寄与するバインダー技術の進化を含む最新の技術動向を報告する。
14:30

15:15
BJ-5 多孔体電気化学による電極の抵抗解析について
セミナー申込みApply
(株)豊田中央研究所
環境・エネルギー1部 電池材料・プロセス研究室 主任研究員 担当課長 伊藤 勇一
リチウム電池の高性能化、すなわち高容量と高出力化の両立を目指していく上で、電極の電気化学反応メカニズムを明らかにすることは重要である。講演では伝送線モデルを応用した多孔体電極の電気化学解析法を提案し、実用電極の抵抗成分(電子、溶液、イオン、反応抵抗)を分離・解析する手法を解説し、高性能化へ向けた指針及び取り組みを述べる。

受講無料/事前申込制のアイコンのつく講演は受講無料

基調講演 Keynote Session


「VIP招待券」をお持ちの方のお申込みはこちら

FC-K 2017年9月20日(水)  13:30  -  15:20

いよいよ水素エネルギー社会の実現へ!各社の将来展望

日立造船(株)
執行役員 環境事業本部 開発センター センター長 家山 一夫

(株)本田技術研究所
四輪R&Dセンター 執行役員 武石 伊久雄

専門技術セミナー Technical Conference

  • 事前申込制 Pre-registration Required

9月20日(水)開催

10:30

11:15
FC-1 水素の大規模貯蔵輸送技術と応用展開
セミナー申込みApply
千代田化工建設(株)
技術開発ユニット 兼 水素チェーン事業推進ユニット 技師長 岡田 佳巳
水素エネルギーの普及には安全・安心に水素を大規模に貯蔵輸送できる技術の実用化が不可欠である。当社が開発したSPERA水素システムは、常温・常圧の化学品の液体として水素を貯蔵輸送できるため原理的に安全性が高いシステムである。本講演では、最近の水素を取り巻く動向とSPERA水素システムの概要、および今後の展望について紹介する。

9月21日(木)開催

10:30

11:15
FC-2 燃料電池フォークリフトの取組み
セミナー申込みApply
(株)豊田自動織機
技術・開発本部 開発第二部 企画戦略グループ グループ長 鈴木 宏紀
豊田自動織機は、トヨタ自動車(株)のFCV「MIRAI」と同じFCセルを使用した発電効率の高いフォークリフト専用FCシステムを開発、昨年、日本初となる2.5トン積FCフォークリフトの販売を開始した。その概要と今後の普及拡大、水素社会の実現に向けた取組みを紹介する。
13:15

14:00
FC-3 周南市における水素利活用の取組み
セミナー申込みApply
周南市
経済産業部 商工振興課 企業活動戦略室 室長 宮崎 正臣
周南市では、コンビナートで大量に生産される水素を活用する取組みを進めている。その取組みの背景や市内で実施されている様々な実証事業、水素に関する普及啓発活動、さらには今後の展開について説明する。

9月22日(金)開催

11:45

12:30
FC-4 燃料電池二輪車「バーグマン フューエルセル」の開発
セミナー申込みApply
スズキ(株)
電動部品開発部 第二課長 池谷 謙吾
スズキの空冷式燃料電池二輪車「バーグマン フューエルセル」は2016年8月に燃料電池二輪車として国内初の型式認定を取得し、2017年3月より公道走行を開始した。本講演では本車両のシステム構成や型式認定取得のための技術基準整備状況、公道走行の概要について紹介する。
15:45

16:30
FC-5 水素社会の実現に向けた水素インフラ整備の最新動向について
セミナー申込みApply
岩谷産業(株)
中央研究所 部長 井上 吾一
究極の循環型クリーンエネルギーとして注目を集める水素の特徴と、次世代エネルギーの有力候補がなぜ水素なのか?、インフラの整備に向けた課題は何か?を中心に、水素エネルギー社会実現に向けた展望と取組みについて、水素インフラ整備の最新動向を交えながら解説する。

受講無料/事前申込制のアイコンのつく講演は受講無料

基調講演 Keynote Session


「VIP招待券」をお持ちの方のお申込みはこちら

TPEX-K 2017年9月22日(金)  10:30  -  12:20

火力発電産業の現状と将来展望

関西電力(株)
取締役常務執行役員 火力事業本部長 島本 恭次

三菱日立パワーシステムズ(株)
取締役常務執行役員 CTO 六山 亮昌

基調講演 Keynote Session


BM-K 2017年9月21日(木)  13:30  -  15:30

木質バイオマス発電拡大への課題と取組み

中国木材(株)
代表取締役 会長 堀川 保幸

(一社)日本木質バイオマスエネルギー協会
副会長 加藤 鐵夫

住友商事(株)
生活資材事業推進部 バイオマスビジネス担当部長 草野 善信

中小型バイオマス発電 導入セミナー


プログラム詳細は7月中旬 公開予定!

※敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。
 都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合、およびテキスト配布の無い講演もございます。あらかじめご了承ください。
(Honorifics omitted) Please note that recording and photography are strictly prohibited.
Speakers and programs are subject to change. Textbooks of some presentations might not be available.

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

 
受付時間 10:00~18:00(土日祝除く) Office Hours: 10:00-18:00 (JST) excluding weekends & holidays