AI-S2 AI創薬 実用化の現状
2月21日(水) 15:30 - 17:00
  • 受講無料/事前申込制

AI創薬の現状と実現方法

東京医科歯科大学 名誉教授/医療データ科学推進室 特任教授 / 東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 機構長 特別補佐 田中 博 田中 博 名誉教授/医療データ科学推進室 特任教授 / 東京医科歯科大学 機構長 特別補佐 東北メディカル・メガバンク機構 東北大学

[講演内容]

[Abstract]

近年、「AI創薬」への関心が高まっているが、概念先行的なものが多く、「AI創薬」の現実的な実現方法について体系的に論じているものは少ない。本講演では、著者らの「疾患-薬剤・3層ネットワーク理論」基づく「AI創薬」実現方法論を、実開発システムを例にとって紹介する。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1981年 東京大学大学院医学系研究科(医学博士)を修了し、1982年より東京大学医学部講師として生体システム・人工知能の研究に携わる。1983年 同大より工学博士(論文)を受ける。1990年 マサチューセッツ工科大学(MIT)計算科学・人工知能研究所に客員研究員として勤め、1991年 東京医科歯科大学難治疾患研究所生命情報学の教授となる。2007年から2010年 同大大学院(生命情報科学教育部)部長。2015年 同大名誉教授就任と同時に、東北大学東北メディカル・メガバンク機構の機構長特別補佐・特任教授となる。2017年、「ビッグデータ医療・AI創薬」の文部科学省人材育成プログラムを主宰する東京医科歯科大学「医療データ科学」推進室長(特任教授)を兼担する。

産学連携で目指すAI創薬

京都大学 大学院医学研究科 人間健康科学科系専攻 ビッグデータ医科学分野 教授 奥野 恭史 奥野 恭史 教授 大学院医学研究科 人間健康科学科系専攻 ビッグデータ医科学分野 京都大学

[講演内容]

[Abstract]

本講演では、京大・理研などのアカデミアの支援のもと、IT業界と製薬業界など約80社・団体とで発足したAI産学コンソーシアムの活動事例を中心に、創薬分野におけるAIの展望について紹介する。

[講演者プロフィール]

[Profile]

平成5年 京都大学薬学部卒業、平成12年 博士(薬学)学位取得、平成20年 同大学 大学院薬学研究科特定教授を経て、平成28年より京都大学大学院医学研究科教授(現職)。平成25年より理化学研究所 RC副グループリーダー等、先端医療振興財団 部長等(併任)。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

本講演に興味をもたれた方は、こちらの講演もご覧になっています。 You may be interested in the following session(s).

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top