HOS-2 今後の診療情報管理の重要性
2月21日(水) 13:00 - 14:30
  • 事前申込制
コースリーダー: Course Leader:  (一社)日本病院会 副会長 岡留 健一郎 (一社)日本病院会 副会長 岡留 健一郎

診療情報管理と病院経営

(国研)国立国際医療研究センター 医事管理課 課長 / 診療情報管理室 室長 須貝 和則 須貝 和則 課長 / 医事管理課 (国研)国立国際医療研究センター 室長 診療情報管理室

[講演内容]

[Abstract]

急性期医療を取り巻くチーム医療と機能分化の流れの中で、これまでの医療事務の対応では成り立たなくなっている。これからの病院経営は、診療情報管理が支えるといっても過言ではない。

[講演者プロフィール]

[Profile]

国立国際医療研究センター 医事管理課 課長、診療情報管理室 室長を併任。診療情報管理士、診療情報管理士指導者。
(経歴)
昭和62年 財団法人がん研究会付属病院、平成7年 昭和大学病院、平成18年 東埼玉総合病院、平成24年より現職
(所属学会等)
日本診療情報管理学会理事、日本診療情報管理学会副会長

診療情報管理:わが国での現状と世界の状況

日本診療情報管理学会 副理事長 / (公財)ちば県民保健予防財団 総合健診センター 顧問 髙橋 長裕 髙橋 長裕 副理事長 / 日本診療情報管理学会 顧問 総合健診センター (公財)ちば県民保健予防財団

[講演内容]

[Abstract]

診療情報管理の領域は、医療機関における情報管理からより広い分野に拡大しつつある。その基本的ツールであるWHO国際分類ファミリーの中心である国際疾病分類(ICD)は、1990年の第10版の改訂が進行中であり、2018年に第11版が採択される予定である。ICD11はより広い分野での多用な活用に対応するものであり、内容が大いに期待される。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1970年 千葉大学医学部卒業。10年間の滞米生活の後、国立循環器病センター、千葉大学医学部付属病院、千葉市立青葉病院などへ勤務。2012年 同院病院長退任後、千葉市青葉看護専門学校校長を経て、2014年より現職。2005年に診療情報管理士の資格を取得し、その後、診療情報管理士教育、日本診療情報管理学会での活動に従事。現在同学会副理事長。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

本講演に興味をもたれた方は、こちらの講演もご覧になっています。 You may be interested in the following session(s).

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top