HOS-5 地域包括ケアシステムの完成に向けて
2月23日(金) 10:30 - 12:00
  • 事前申込制
コースリーダー: Course Leader:  (一社)日本病院会 常任理事 安藤 文英 (一社)日本病院会 常任理事 安藤 文英

地域包括ケアシステムにおける地域リハビリテーションの重要性

小倉リハビリテーション病院 名誉院長 / 介護老人保健施設「伸寿苑」 施設長 浜村 明徳 浜村 明徳 名誉院長 / 小倉リハビリテーション病院 施設長 介護老人保健施設「伸寿苑」

[講演内容]

[Abstract]

地域包括ケアと地域リハの目標はインクルーシブ社会を創生することにあり、両者は共通する。今回は地域リハの立場から、地域包括ケア推進を意識した回復期から生活期のリハ活動、連携活動、地域づくりの活動などを紹介し、その重要性について述べる。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1975年 長崎大学医学部卒業、同大学整形外科教室入局。長崎労災病院、国立長崎中央病院を経て、1979年 国立療養所長崎病院理学診療科医長、1992年 副院長。1998年、南小倉病院(2001年、“小倉リハビリテーション病院”に改称)院長就任、2013年より名誉院長。2000年より介護老人保健施設“伸寿苑”施設長兼任。2003年~2012年、日本リハビリテーション病院・施設協会会長、現在名誉会長。専門は地域リハビリテーション、高齢者リハビリテーション。

地域包括ケア病棟の現状と、地域特性を活かした可能性

(社医)石川記念会 HITO病院 理事長/病院長 / 地域包括ケア病棟協会 幹事 石川 賀代 石川 賀代 理事長/病院長 / (社医)石川記念会 HITO病院 幹事 地域包括ケア病棟協会

[講演内容]

[Abstract]

地域包括ケア病棟は、急性期、在宅からの3つの受け入れ機能と院内・地域内多職種協働による在宅・生活復帰支援機能の4つの機能を有する懐の深い病棟である。当院では、2014年9月よりケア病棟を開設し、「ときどき入院、ほぼ在宅」を実践すべく活用している。地域医療構想を踏まえた今後の可能性についても同時に紹介する。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1992年東京女子医科大学卒業、同年東京女子医科大学病院消化器内科入局。
大阪大学微生物学教室非常勤講師を経て、2002年医療法人綮愛会石川病院に入職。内科医長、副院長を務め、2010年に理事長 病院長に就任。2013年より、医療法人綮愛会石川病院が社会医療法人石川記念会 HITO病院 へと新築移転により名称変更。現在に至る。
地域包括ケア病棟協会 幹事、全日本病院協会 広報委員会 委員、日本医療マネジメント学会 評議員

(敬称略)

(Honorifics omitted)

本講演に興味をもたれた方は、こちらの講演もご覧になっています。 You may be interested in the following session(s).

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top