HOS-S5 地域医療構想への期待と不安、地域包括ケアシステムに未来はあるか
2月23日(金) 15:30 - 17:00
  • 受講無料/事前申込制
コースリーダー: Course Leader:  (一社)日本病院会 副会長 大道 道大 (一社)日本病院会 副会長 大道 道大

地域医療構想と地域包括ケアシステム ~大阪府医師会の立場と役割~

(一社)大阪府医師会 会長 茂松 茂人 茂松 茂人 会長 (一社)大阪府医師会

[講演内容]

[Abstract]

2025年にむけて、誰もが安心して医療や介護を受けられる環境づくりが急務とされており、大阪府医師会では、病院と診療所のかかりつけ医を中心とした「地域づくり」を目指している。よりよい医療と介護の連携推進に向けた取り組みを紹介する。

[講演者プロフィール]

[Profile]

昭和53年3月、大阪医科大学医学部 卒業。昭和55年9月、大阪医科大学 整形外科助手、昭和62年2月、阪本蒼生会蒼生病院 整形外科部長、平成2年12月、茨木市真砂3-12-19に茂松整形外科を開設、現在に至る。

大阪府における医療提供体制の現状と今後の方向性

大阪府 健康医療部長 藤井 睦子 藤井 睦子 健康医療部長 大阪府

[講演内容]

[Abstract]

団塊の世代が75歳以上となる2025年に向けて、介護と連携した切れ目のない医療サービスの提供体制の構築が急がれる。策定中の第7次大阪府保健医療計画素案を題材に、医療提供体制の現状と将来目指すべき方向性のポイントを説明。

[講演者プロフィール]

[Profile]

昭和61年3月、京都大学教育学部卒業。同年4月、大阪府に採用される。以降、主に総務・財務の業務に従事し、要職を歴任。平成27年4月、地方独立行政法人大阪府立病院機構に出向し、理事兼事務局長として、病院の健全な経営に大きく寄与。平成29年4月、健康医療部長を拝命し、現在に至る。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

本講演に興味をもたれた方は、こちらの講演もご覧になっています。 You may be interested in the following session(s).

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top