IPK-2 中外製薬のバイオ医薬品生産 ~現在、そして次世代~
2月21日(水) 15:30 - 16:30
  • 事前申込制

中外製薬のバイオ医薬品生産~現在、そして次世代~

中外製薬(株) 製薬本部 製薬研究部 生物技術統括マネジャー 山田 秀成 山田 秀成 生物技術統括マネジャー 製薬本部 製薬研究部 中外製薬(株)

[講演内容]

[Abstract]

中外製薬は革新的なバイオ医薬品を複数同時に開発・生産するために、シングルユース技術を取り入れた工場や、少量多品種に対応した新工場を整備している。これら中外製薬のバイオ医薬品生産の現在、そして原価低減を目指した次世代工場の構想について説明する。

[講演者プロフィール]

[Profile]

2001年3月 東北大学大学院工学研究科修士課程修了。同年4月 中外製薬(株)入社、バイオ原薬精製プロセス開発に従事。2006年-2007年 Roche (ドイツ ペンツバーグ)に派遣、実験計画法を用いたプロセス開発等を担当。2016年よりバイオ原薬プロセス開発のマネジャーとなり、現在に至る。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

本講演に興味をもたれた方は、こちらの講演もご覧になっています。 You may be interested in the following session(s).

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top