IT-1 PHRの医療への利活用の現状と課題
2月21日(水) 10:30 - 12:00
  • 事前申込制
コースリーダー: Course Leader:  オムロン ヘルスケア(株) 志賀 利一 オムロン ヘルスケア(株) 志賀 利一
サブコースリーダー: Sub Course Leader:  京都大学 黒田 知宏 京都大学 黒田 知宏

(株)ウェルビー 代表取締役 比木 武 比木 武 代表取締役 (株)ウェルビー

[講演内容]

[Abstract]

現在PHRを医療へ利活用する試みが多く行われている。本セッションでは、この
分野で実際に活動されているパネリストにご登壇いただき、1次予防領域から3次予防の各領域においての取り組みの現状、課題、また将来の展望を率直に議論いただきます。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1996年、 同志社大学法学部卒業後、住友商事(株)に入社。米国ハイテクベンチャー企業の日本進出の共同事業を担当し、CATV業界を中心にシリコンバレーの企業の日本マーケット向け事業開発、商品開発、 プロモーションを行う。同社を退職し、2005年より米国ヴァージニア大学MBAに入学しMBA取得。2007年より、楽天(株)にて、事業戦略や組織改革の業務に従事。2008年に同社を退社し、医療従事者向けのOnline Communityの立ち上げに参画。2011年よりWelbyを創業し共同代表に就任。

佐賀大学 医学部附属病院 講師 藤井 進 藤井 進 講師 医学部附属病院 佐賀大学

[講演者プロフィール]

[Profile]

佐賀大学大学院医学系研究科卒業 博士(医学)
医療情報学、医療経済学、医療経営学
日本医療情報学会評議員・課題担当別幹事
PHRシステム、病院管理会計システム等の研究開発、並びに実証研究や大規模医療情報データベース構築に関する研究を主としている。

日立総合病院 救急集中治療科 医長 / ポート(株) 遠隔医療事業開発担当 園生 智弘 園生 智弘 医長 / 救急集中治療科 日立総合病院 遠隔医療事業開発担当 ポート(株)

[講演者プロフィール]

[Profile]

2010年3月 東京大学医学部卒業。救急・集中治療医として臨床業務に従事する傍ら、急性期医療データベースシステムの研究開発に従事。2016年よりポート(株)での遠隔診療の事業開発に関わるとともに医療データの利活用事業を立ち上げ。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

本講演に興味をもたれた方は、こちらの講演もご覧になっています。 You may be interested in the following session(s).

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top