IT-9 システム導入の本音を語る
2月23日(金) 15:30 - 17:00
  • 事前申込制
コースリーダー: Course Leader:  滋賀医科大学 永田 啓 滋賀医科大学 永田 啓
サブコースリーダー: Sub Course Leader:  日本電気(株) 山田 祐二 日本電気(株) 山田 祐二

患者視点で考える病院情報システム導入および運用における課題と解決

大阪国際がんセンター 医療情報部 主任部長 松永 隆 松永 隆 主任部長 医療情報部 大阪国際がんセンター

[講演内容]

[Abstract]

電子カルテシステムは、普及に伴い着実に機能向上してきている。医療者視点からは満足できる場合も多いが、患者視点で見た場合なお改善の余地があり、実際には運用で対処している場合も少なからずある。そこで、当院新築移転時に行った工夫を提示したい。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1981年 東京大学理学部数学科、1985年 大阪大学医学部医学科卒業。
エキスパートシステムなどの開発に従事したのち、1991年より大阪府立成人病センター(現大阪国際がんセンター)勤務。
2004年から現職。医師として病院情報システム導入開発に関与する。

病院情報システムの導入・更新で現場が知っておきたい留意点

秋田大学 医学部附属病院 医療情報部 副部長 大佐賀 敦 大佐賀 敦 副部長 医学部附属病院 医療情報部 秋田大学

[講演内容]

[Abstract]

病院情報システムの導入・更新は院内全部署を挙げての数年に一度の一大イベントである。院内各部署が新システムへの期待を抱いて導入作業に臨むが、医療現場の通常業務とはあまりに勝手が異なるが故に直面する課題や留意点が存在する。本講演ではシステム導入・電子カルテの更新等で、実際に現場で問題になったり注意するべき点について、総括的に述べる。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1998年3月、東北大学医学部卒業。2003年3月、東北大学大学院医学系研究科修了(博士(医学))。2003年4月より東北大学医学部附属病院メディカルITセンター医員。同院の病院情報システムの企画・管理に従事する。2007年4月より秋田大学医学部附属病院医療情報部助教。5月より同副部長。電子カルテシステムをはじめとする同院の病院情報システムおよびネットワークの企画・運用・管理に従事し、現在に至る。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

本講演に興味をもたれた方は、こちらの講演もご覧になっています。 You may be interested in the following session(s).

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top