NS-1 ITが変える遠距離介護
2月23日(金) 10:30 - 12:00
  • 事前申込制

事業所と家族を繋ぐ「介護の見える化」で差別化と収益アップを!

(株)コミュニケーター 代表取締役 プロデューサー 横井 孝治 横井 孝治 代表取締役 プロデューサー (株)コミュニケーター

[講演内容]

[Abstract]

要介護者を支え続けていくうえで、事業所と家族のコミュニケーション向上は重要。「介護の見える化」のポイント、スタッフが利用者の様子を撮影して、家族に簡単に送ることのできる「けあ通信」を利用した他社差別化や保険外収入アップのポイントを紹介する。

[講演者プロフィール]

[Profile]

2001年8月、離れて暮らしていた両親が相次いで心身に異常をきたし、34歳にして突然の介護生活がスタート。手探りで介護を行うなかで、さまざまな制度や仕組みの学習や、介護を仕事とする人や介護を受ける人との交流を経験する。2006年12月に、(株)コミュニケーターを設立し、介護情報サイト「親ケア.com」、介護家族の情報管理ツール「おやろぐ」をはじめ、多数の介護関連サイトを運営。All About「介護」ガイドを務めるほか、テレビ出演や新聞への寄稿、全国での講演会など、介護アドバイザーとしても広く活動中。

介護事業所が考える、事業所と家族を繋ぐ「介護の見える化」の必要性・効果は!

(一社)ヘルスケア人材教育協会 推進室長 杉田 珠希 杉田 珠希 推進室長 (一社)ヘルスケア人材教育協会

[講演内容]

[Abstract]

介護施設を20年40施設運営している事業所として、今後の事業所運営を考える中で、「介護の見える化」の必要性・効果を検討していかないといけない。「介護の見える化」を実現する為の『けあ通信』の導入効果として何が期待できるかを提案する。

[講演者プロフィール]

[Profile]

奈良を中心に医療介護事業を約40施設運営をしている医療介護のウェルグループの教育・企画部門を担当。現在はグループ内で開発した介護人材育成システムを使い、介護職員の能力・スキルの見える化に取り組んでいる。今後は介護現場で就労する海外人材の能力・スキルの見える化にも取り組んでいく。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

本講演に興味をもたれた方は、こちらの講演もご覧になっています。 You may be interested in the following session(s).

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top