NS-S1 介護保険外サービス活用セミナー
2月21日(水) 10:30 - 12:00
  • 受講無料/事前申込制

軽度者の在り方と同時改定のゆくえ
~介護事業者の生き残り戦略は混合介護~

(一社)日本介護ベンチャー協会 代表理事 斉藤 正行 斉藤 正行 代表理事 (一社)日本介護ベンチャー協会

[講演内容]

[Abstract]

次期同時改定は、介護事業者へいっそう厳しい環境が予測される。軽度者の在り方、自立支援介護、ICT・ロボット化など制度の枠組みは今後大きく変わってゆく。大きな変化への重要対策の1つが介護保険外サービス・混合介護への取り組みとなる。

[講演者プロフィール]

[Profile]

大学卒業後コンサルティング会社勤務を経て、大手グループホームでの取締役運営事業本部長、全国フランチャイズ展開をする小規模デイサービスでの取締役副社長を経て、現在は、(一社)日本介護ベンチャー協会の代表理事。また、(一社)日本介護協会副理事長や、2014年には(一社)日本デイサービス協会を設立、事務局長に就任するなど、多くの介護関連法人、団体の要職を歴任している。

公的保険外サービスの動向

(株)日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 戦略コンサルティンググループ マーケティング&イノベーション戦略クラスター マネジャー 紀伊 信之 紀伊 信之 マネジャー リサーチ・コンサルティング部門 戦略コンサルティンググループ マーケティング&イノベーション戦略クラスター (株)日本総合研究所

[講演内容]

[Abstract]

高齢化の進展により、従来の介護保険サービスではカバーできない領域で新たな市場が成長しつつある。政策をはじめとする公的保険外サービスを取り巻く環境に触れつつ、今後の成長が期待されるサービス領域や事業化のポイントについて、事例を交えて概説する。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1999年 京都大学経済学部卒業後、(株)日本総合研究所入社。介護・シニアビジネスをはじめとしたB2C分野でのマーケティング、新商品・新サービス開発などの各種コンサルティングに従事。厚労省老健事業にて公的介護保険外サービスの調査・研究を担当。在職中、神戸大学にてMBA取得。

保険外サービスにおける最先端事例 脳梗塞リハビリセンター

(株)ワイズ 代表取締役会長 兼 CEO 早見 泰弘 早見 泰弘 代表取締役会長 兼 CEO (株)ワイズ

[講演内容]

[Abstract]

2014年の設立以来3年で9施設と急成長した保険外リハビリサービス『脳梗塞リハビリセンター』について、医療・介護業界との連携やサービス構築の過程をお伝えする。また、オンラインサービスなどの新しい取り組みについても紹介する。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1972年、千代田区神田生まれ。1996年、法政大学経済学部卒業後にWebマーケティング会社を設立、代表取締役社長に就任する。大手企業との取引を中心に業界有数の会社へと成長させ、2004年には東証一部上場企業と統合、インターネット部門等の責任者として従事。2014年2月、(株)ワイズを設立、リハビリ・介護を中心とした事業を展開し、現在に至る。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

本講演に興味をもたれた方は、こちらの講演もご覧になっています。 You may be interested in the following session(s).

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top