NS-S3 医療・介護ダブル改定の最新情報と対策~業務効率化、人材定着、利益UP~
2月21日(水) 10:30 - 12:00
  • 受講無料/事前申込制
コースリーダー: Course Leader:  (株)エスエムエス 星野 (ホシノ) (株)エスエムエス 星野 (ホシノ)

対策① 職員定着や業務効率化のコツ ~ICT定着がもたらすメリットとは?~

(株)ライフケア 代表取締役 一谷 勇一郎 一谷 勇一郎 代表取締役 (株)ライフケア

[講演内容]

[Abstract]

タブレットやスマホ(ICT)の利用一般的になっている現代において、介護業界はICT化が遅れている。
平成24年より当社はICT化に取り組み年間400時間の業務削減に成功。
平成30年ダブル改定において医療費、介護費の大幅な削減が予想される中、
利益を残す手段の一つとしてICT化の導入、進化が期待される。その方法をご紹介します。

[講演者プロフィール]

[Profile]

平成15年8月 イチロー整骨院 開院
平成16年8月 リハビリ施設 開設
平成22年4月 大阪市委託事業(介護予防)開始
平成23年11月 株式会社 ライフケア 設立
平成24年6月 イチローデイサービス(機能訓練特化型)開設
平成27年5月 イチローデイサービスつるみ (重度対応機能訓練特化型)開設
役職
㈱ライフケア 代表取締役 
トリプルグットグループ 介護経営研究会 特別顧問
チャットワークエバンジェリスト
整骨院・通所介護の運営、現場業務を行いながら年間約50回の講演活動を日本全国で行う。今年度はITやICTを活用した雇用改善が評価され、労働局が行う雇用改善推進事業のモデル事業所に選抜された。

対策② 利用者も職員も“集まる仕組み”を目指す! ~保険外事業で利益UP~

(株)グレートフル 代表取締役 岩﨑 英治 岩﨑 英治 代表取締役 (株)グレートフル

[講演内容]

[Abstract]

4月に迫る介護報酬改定の最新情報と、その対策をご紹介。特に、地域貢献を見据えた保険外事業への展開事例を具体的に説明。また、その展開の原動力となっている、業務効率化や職員定着についても、今後の介護事業者の求められるポイントを踏まえて解説する。

[講演者プロフィール]

[Profile]

現場スタッフから、医療機関の事務局長まで、幅広い経験を持つ。現在は、講師や介護施設開設のコンサルタント及び、自らも介護事業会社2社を経営。埼玉県在宅福祉事業者連絡協議会幹事、一般社団法人日本介護ネットワーク協会理事。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

本講演に興味をもたれた方は、こちらの講演もご覧になっています。 You may be interested in the following session(s).

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top