光通信技術展 専門技術セミナー

FOE-6 社会の変化から読み解く光ファイバ・ ケーブル・ネットワークの動向
4月5日(木) 13:30 - 15:30
コースリーダー: Course Leader:  住友電気工業(株) 金森 弘雄 住友電気工業(株) 金森 弘雄
サブコースリーダー: Sub Course Leader:  古河電気工業(株) 太田 寿彦 古河電気工業(株) 太田 寿彦

5G・IoT時代に向けたアクセスネットワークの展望

本講演では、これまでの光通信サービスを支えてきた伝送技術(線路・システム)を紹介すると共に、5G・IoT時代に向けた社会環境の変化を踏まえ、今後のアクセスネットワークに必要とされる技術と保守運用のイノベーションについて述べる。
日本電信電話(株) アクセスサービスシステム研究所 所長 小林 正樹 小林 正樹 所長 アクセスサービスシステム研究所 日本電信電話(株)
講演者プロフィールProfile
1989年、北海道大学工学部土木工学科を卒業、同年日本電信電話株式会社に入社。
通信用トンネル(とう道)の設計・建設、光ファイバー網の計画等の業務に従事。
その後、NTT東日本の人事部にて技術者の採用・育成の責任者を経て、2017年より現職。土木、光ファイバー、無線、オペレーションシステムの研究開発を担当している。

光ファイバのグローバル市場環境と需要動向

現在の大きなファイバ需要を生み出している市場とその要因は何か?国ごとに状況を整理し、短期的な需要動向を予測する。また、長期的にはIoT/AIの普及が社会構造や生活様式にどういった変化をもたらし、新規のファイバ需要を生み出していくのかを考察していく。
住友電気工業(株) 海外通信営業部 プリンシパルアナリスト 長谷川 貴史 長谷川 貴史 プリンシパルアナリスト 海外通信営業部 住友電気工業(株)
講演者プロフィールProfile
東京大学物理工学科卒。1995年に住友電工入社。光通信事業部にて光ファイバ生産技術者として経験を積み、1998年から中国/成都中住光繊公司に副社長として2年間赴任。帰国後、技術営業部門に転属し、アジア・中東エリアの国際入札に従事した後、海外推進室に異動。国際契約締結、市場分析、知財戦略等を担当。東京本社、海外通信営業部にて光通信製品の海外市場分析・マーケティング全般を担当し、現在に至る。

ハイパースケール時代の光ファイバケーブルシステム技術の最新動向

5G、IoT、4K/8K TV、コネクテッドカー等、新技術、新サービスの導入のために情報通信基盤としての光ファイバ網の重要性が世界的に高まっている。これを経済的に構築するための最新光ケーブルシステム技術について紹介する。
(株)フジクラ 光ケーブルシステム事業部 副事業部長 岡田 直樹 岡田 直樹 副事業部長 光ケーブルシステム事業部 (株)フジクラ
講演者プロフィールProfile
1986年3月、千葉大学卒業、同年藤倉電線(株)(現(株)フジクラ)に入社。主に、光ケーブルの開発、光ファイバの製造技術に従事。2006年に間欠接着型光テープ心線(Spider Web Ribbon™)を発明、実用化開発に注力し、2012年に量産化に成功。その後、日本発の本光ファイバケーブル技術を世界に拡げるべく、2014年から市場開拓、事業運営を担当、2016年から光コンポーネントも含めた光ケーブルシステム全般に担当分野を広げ、現在に至る。

※敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。都合により講師、
 プログラムの内容が変更になる場合、およびテキスト配布の無い講演もございます。あらかじめご了承
 ください。お問合せは april-con@reedexpo.co.jp までどうぞ。

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

For Conference
受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く)

Office Hours: 10:00-18:00 (JST) excluding weekends & holidays