光通信技術展 専門技術セミナー

FOE-7 最先端データセンタの現状と今後の展望
4月6日(金) 10:30 - 12:30
コースリーダー: Course Leader:  NTTアドバンステクノロジ(株) 界 義久 NTTアドバンステクノロジ(株) 界 義久
サブコースリーダー: Sub Course Leader:  アンリツ(株) 濱田 宏一 アンリツ(株) 濱田 宏一

最先端データセンタにおける光技術

最新のデータセンタにおける光通信技術について報告する。光データ通信の必要性、データセンタリンクの構造、光通信機器の要素技術等について、短距離光通信、シリコンフォトニクス、光集積技術について技術動向と将来の技術課題について議論する。
慶應義塾大学 理工学部 訪問教授 平 洋一 平 洋一 訪問教授 理工学部 慶應義塾大学
講演者プロフィールProfile
京都大学卒、東京大学大学院修了理学博士。電気通信大学助教授、IBMワトソン研究所、日本IBM東京基礎研究所、慶應義塾大学において、レーザー物理、液晶ディスプレイ、システム実装技術、光インターコネクトの研究開発に従事し、現在に至る。Chair、 IEEE EPS Japan Chapter、 エレクトロニクス実装学会光実装技術委員長などを務めている。

データセンタ向け光トランシーバの最新動向

クラウド型データセンタでは、スイッチ間がメッシュ配線されるスイッチファブリックレイヤとスイッチとルータが接続されるコアレイヤにおいて、既に100Gb/sが採用され、400Gb/sへの移行が期待されている。本講演では、大容量信号伝送を実現する光トランシーバの最新動向について概説する。
古河電気工業(株) コア技術融合研究所 先行開発センター 課長 那須 秀行 那須 秀行 課長 コア技術融合研究所 先行開発センター 古河電気工業(株)
講演者プロフィールProfile
1995年日本大学大学院理工学研究会電気工学専攻修士課程修了。同年古河電気工業株式会社入社光波多重光通信システムの研究、高密度波長分割多重システム用信号光源の開発と製品化、光インタコネクション用並列光モジュールの開発と製品化に従事。現在、コア技術融合研究所勤務。日本大学理工学部非常勤講師。2006年、博士(工学)。
エレクトロニクス実装学会より技術賞 (2012)、講演大会優秀賞 (2016)、2016年、IEEE CPMT Symposium Japan(ICSJ)、Best Paper Award。エレクトロニクス実装学会ミッションフェロー、光回路実装技術委員会副委員長。IEEE CPMT Symposium Japan (ICSJ) Program Chair。Optical Internetworking Forum (OIF) 及びConsortium for On-Board Optics (COBO) のPrincipal Member。

高密度マルチコアファイバ光部品の最新動向

インターネットサービスの拡大に伴う情報処理量増加により、データセンター内光配線の高密度化と対応する光部品への期待が高まっている。今回、高密度光配線として有望なマルチコアファイバと、コネクタなど光部品に関する最新動向について紹介する。
住友電気工業(株) 光通信研究所 情報伝送技術研究部 研究員 森島 哲 森島 哲 研究員 光通信研究所 情報伝送技術研究部 住友電気工業(株)
講演者プロフィールProfile
2009年に東京大学工学部 電気電子工学科を卒業、2011年に東京大学大学院 工学系研究科電気系工学専攻 修士課程を修了し、同年 住友電気工業(株)に入社。
光通信研究所に所属し、近赤外分光技術の開発に従事後、光コネクタの開発を担当し、現在に至る。

※敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。都合により講師、
 プログラムの内容が変更になる場合、およびテキスト配布の無い講演もございます。あらかじめご了承
 ください。お問合せは april-con@reedexpo.co.jp までどうぞ。

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

For Conference
受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く)

Office Hours: 10:00-18:00 (JST) excluding weekends & holidays