[関西]二次電池展 特別講演

BJ-S 注目が集まる、二次電池産業のビジネス最前線
9月27日(木) 12:30 - 13:50

東芝SCiB™ の特長を活かした製品適用と今後の展望

東芝のSCiB™ は、負極材料にチタン酸リチウム(LTO)を用いることで、長寿命、急速充電、低温動作、安全性といった特長を有している。講演では、これらの特長を活かした製品適用の実例紹介に加え、今後へ向けた開発の最新情報を紹介する。
東芝インフラシステムズ(株) 電池システム技師長 石塚 芳樹 石塚 芳樹 電池システム技師長 東芝インフラシステムズ(株)
講演者プロフィールProfile
1988年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了、(株)東芝入社。研究開発センターを経て、2009年からSCiB事業に携わる。車載、定置、産業向けの幅広い用途に関わる設計および応用技術部門を経た後、2017年7月より現職。

持続可能なエネルギー社会へ、蓄電池技術で世界のシフトを加速する

テスラは電気自動車や蓄電池システムのデザイン・製造により、持続可能なエネルギーへ、世界の移行を加速することをミッションに活動しています。世界最大のリチウムイオン電池工場であるギガファクトリーでは、家庭用蓄電池Powerwall、商業・工業用および電力系統規模にも対応できる業務用蓄電池Powerpackが製造されています。これらの蓄電池により、電気料金の削減や再生可能エネルギー比率の増大、電力系統の弾力性向上等が可能となります。
Tesla Motors Japan(同) エナジープロダクツ カントリーマネージャー 浅倉 眞司 浅倉 眞司 カントリーマネージャー エナジープロダクツ Tesla Motors Japan(同)
講演者プロフィールProfile
1981年(株)IHI航空エンジン事業部入社。1993年にGE Power Systemsに入社、2006年よりエナジーアプリケーションエンジニアリング・アジアパシフィックリージョンリーダーとしてインド・中国を除くアジアパシフィックの国におけるエナジービジネスの営業・技術を統括。2011年にGEグローバルリサーチセンター 先端テクノロジー・プロジェクト開発担当マネージャーに就任、2012年よりグローバルリサーチセンター日本代表に就任し、2017年4月に退任。2018年5月より、Tesla社エナジープロダクツの日本カントリーマネジャー就任。

※敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。
 都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

For Conference
受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く)