CC-S2
日本再生の鍵!地域包括ケアシステムの未来図
9月12日(水) 15:30 - 17:00

超少子高齢社会を乗り切る方法は地域包括ケアシステム以外にない!

内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部 地方創生総括官 唐澤 剛 唐澤 剛 地方創生総括官 まち・ひと・しごと創生本部 内閣官房

[講演内容]

[Abstract]

超少子高齢社会を乗り切るためには、地域包括ケアを作っていくしか道はない。第1に、地域包括ケアの縦軸である医療介護連携を進める。第2に、横軸である生活支援とまちづくりを進め、多世代が交流し、ごちゃまぜで共生できる地域を作っていく。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1956年長野県南安曇郡堀金村(現安曇野市)生。
1980年早稲田大学政治経済学部卒業。同年厚生省に入省。
2012年政策統括官(社会保障担当)、2014年保険局長、2016年6月現職。

現場における地域包括ケアシステム構築のための取組について

厚生労働省 関東信越厚生局 健康福祉部長 小森 雅一 小森 雅一 健康福祉部長 厚生労働省 関東信越厚生局

[講演内容]

[Abstract]

現在、住み慣れた地域で安心して自分らしい生活を続けるために「地域包括ケアシステム」の構築が求められており、今後、それらに向けた連携が必要となっている。今回、現場からの発信として、これまでの取組についてご説明する。

[講演者プロフィール]

[Profile]

千葉県生まれ。昭和63年3月、東京大学卒業。昭和63年厚生省に入省。老人保健福祉部、大臣官房、薬務局、社会・援護局、医政局、大分県庁、健康局、雇用均等・児童家庭局、障害保健福祉部、内閣官房、内閣府などを経て、平成28年6月より現職。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top