IT-S5
地域医療構想 実現の鍵とは
9月14日(金) 15:00 - 16:30

地域医療連携システムの構築・活用・展望 ~みやぎ医療福祉情報ネットワーク(MMWIN)の経験から~

東北大学大学院 医学系研究科 医学情報学分野 教授 中山 雅晴 中山 雅晴 教授 医学系研究科 医学情報学分野 東北大学大学院

[講演内容]

[Abstract]

診療情報のバックアップと多施設間での情報共有を目的として構築された全県型地域医療介護連携システムMMWINは、のべ880万人分のライフコースデータを持ち、情報共有同意患者数は7万人を超えた。当初の課題解決を終え、今後はPHRの活用を含め、さらなる発展を目指している。

[講演者プロフィール]

[Profile]

平成6年 東北大学医学部卒業、平成8年 東北大学病院循環器内科入局、平成12年 東北大学大学院医学系研究科修了、平成13年よりBeth Israel Medical Center留学、平成18年より東北大学病院メディカルITセンター兼務、平成25年10月 東北大学災害科学国際研究所災害医療情報学分野教授就任、 平成27年5月 東北大学病院臨床研究推進センター 医療情報部門長就任、平成28年9月 東北大学大学院医学系研究科 医学情報学分野教授就任、東北大学病院メディカルITセンター部長兼務。平成28年12月より(一社)みやぎ医療福祉情報ネットワーク協議会理事を務める。

地域医療連携の更なる発展と今後の展望 ~医療ICT分野における富士通の取り組み~(仮)

富士通(株) ヘルスケアビジネス推進統括部 第二ヘルスケアビジネス推進部 部長 岩津 聖二 岩津 聖二 部長 ヘルスケアビジネス推進統括部 第二ヘルスケアビジネス推進部 富士通(株)

[講演内容]

[Abstract]

「切れ目のない提供体制構築」として地域における医療機関との連携強化が強く求められてきた。
医療情報の相互参照だけではなく、疾病管理、多職種連携などに拡大しヘルスケア全般をを支える情報基盤となっている。今後、様々な共創によりライフサポートの情報基盤への拡大・発展に取り組んでいる。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1993年 富士通(株)入社 本社医療営業部配属。オーダリングシステムなどの製品企画と全国プロモーションを担当。
2007年 東北支社へ異動 東北地区のHISのアカウント営業を担当。
2012年 ヘルスケアビジネス販推部門へ異動。電子カルテ・地域連携システム、健康情報などの製品企画、全国プロモーションを担当。現在、富士通(株)ヘルスケアビジネス推進統括部第二ヘルスケアビジネス推進部 部長、地域医療ネットワーク研究会 事務局、JAHIS 標準化推進部会普及推進委員長を務める。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top