MJ-S2
地域医療を守る! 救急から介護まで
9月13日(木) 10:30 - 12:00

地域包括ケアから地域共生社会の確立に向けて ~高齢社会に適したまちづくりと地域医療の未来~

衆議院議員 / (医)永生会 永生病院 理事長 安藤 高夫 安藤 高夫 衆議院議員 / 理事長 (医)永生会 永生病院

[講演内容]

[Abstract]

超高齢化と少子化という状況にある日本において、今後の医療・介護サービスはどうあるべきか。
地域包括ケアシステムという視点から、さらには地域共生社会とう視点も踏まえて、医療機関や介護施設が今後行っていくべきまちづくりとその後の未来について、国内の先進的な事例もご紹介しながらお話しする。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1989年に(医)永生会 理事長に就任。2017年自民党公認で第48回衆議院議員選挙に初当選。現在は、東京都医師会理事、日本慢性期医療協会副会長、全日本病院協会副会長、東京都慢性期医療研究会会長、東京都病院協会副会長、八王子市医師会理事、日本医療法人協会常務理事、東京青年医会名誉代表等を務める。

民間病院だからできる 高齢者救急と介護の砦として

(一社)日本医療法人協会 会長 / (医) 協和会 理事長 / 加納総合病院 院長 加納 繁照 加納 繁照 会長 / (一社)日本医療法人協会 (医) 協和会 理事長 / 加納総合病院 院長

[講演内容]

[Abstract]

1. 65歳以上の人口は、人口集積度の高い地域で圧倒的に増加し、その地域では高齢者救急を民間病院中心で担わなければ地域医療の安定化は図れない。
2. 地域医療構想調整会議においては、民間病院と公的病院が担う役割について、地域特性を認識した上でしっかりと議論を行うことが必要である。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1980年、順天堂大学医学部卒業後、京都大学の外科に入局し、消化器外科を専攻。神戸海星病院、大阪赤十字病院を経て、大阪大学医学部付属病院がん研究施設で研究に従事し、90年、医学博士号取得。加納総合病院の院長と特定医療法人協和会、社会福祉法人大協会の両法人の理事長を兼務、日本医療法人協会会長、大阪府医療法人協会会長、日本社会医療法人協議会副会長、大阪府私立病院協会副会長、全日本病院協会常任理事等として現在に至る。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top