NS-14
9月13日(木) 14:30 - 15:30

東京都医療事故等支援団体連絡協議会の活動について

(公社)東京都看護協会 常務理事 大橋 純江 大橋 純江 常務理事 (公社)東京都看護協会

[講演内容]

[Abstract]

医療事故調査制度は、平成26年6月18日に成立した 医療法の改正に盛り込まれた制度である。医療事故が発生した医療機関で院内調査を行い、その調査報告を民間の第三者機関が収集・分析することで再発防止につなげるための仕組みであり、責任追及を目的としたものではない。東京都医療事故等支援団体連絡協議会の活動について情報提供する。

[講演者プロフィール]

[Profile]

2000年東芝病院教育担当師長、看護教員、認定看護管理者、2001年看護支援システム構築責任者、2011年東京医療保健大学大学院 医療保健学研究科 修士課程 看護マネジメント学卒、2006年同院看護部長、2012年電子カルテシステム看護担当。2014年東京都看護協会教育部長、2016年から現職、東京都医療事故調査等支援団体協議会委員。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top