NS-6
9月12日(水) 14:30 - 15:30

生活支援サービスを事業化する

(株)ベンリーコーポレーション 営業本部 経営指導部 取締役部長 深田 英揮 深田 英揮 取締役部長 営業本部 経営指導部 (株)ベンリーコーポレーション

[講演内容]

[Abstract]

自費の生活支援サービスは、品質を上げて初めて利用するメリットを提供することができます。しかしながら、安価やボランティアではサービスの品質を上げることはできません。なぜならば、サービス品質向上のためには教育が重要になるからです。まず利益のあがるビジネスモデルを構築し、得た利益を教育費用に回す。そして更に品質を上げていくという品質のスパイラルアップが必要です。当日はこの秘訣をお伝えします。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1996年(株)ベンリーコーポレーション入社。約20年フランチャイズ加盟開発の業務に従事。
近年は、電鉄会社や大手社会福祉法人、医療法人の営業を担当。
2016年4月生活支援サービス課を立ち上げ、名古屋市の〝介護予防・日常生活支援総合事業(新総合事業)”の指定を受けるまでの責任者を務める。
2016年11月一般社団法人日本生活支援サービス協会設立を担当、理事。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top