NS-K
激変する介護業界が大切にすべき事
9月12日(水) 15:30 - 17:00

社会保障改革の動向とこれからの介護

(一社)医療介護福祉政策研究フォーラム 理事長 中村 秀一 中村 秀一 理事長 (一社)医療介護福祉政策研究フォーラム

[講演内容]

[Abstract]

2018年の同時改定が終わり、2025年を目標年度とする地域医療構想の実現、地域包括ケアシステムの構築が進められている。他方、2019年10月に予定されている消費税率10%への引上げを見据え、2040年を見据えた議論が始まっている中で、今後の介護の方向性を展望する。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1973年、厚生省(当時)入省。
老人福祉課長、年金課長、保険局企画課長、大臣官房政策課長、厚生労働省大臣官房審議官(医療保険、医政担当)、老健局長、社会・援護局長を経て、2008年から2010年まで社会保険診療報酬支払基金理事長。
2010年10月から2014年2月まで内閣官房社会保障改革担当室長として「社会保障と税の一体改革」の事務局を務める。

地域包括ケアと老健

(公社)大阪介護老人保健施設協会 会長 川合 秀治 川合 秀治 会長 (公社)大阪介護老人保健施設協会

[講演内容]

[Abstract]

連携(医療と介護)があって地域包括ケアは成立し得る。老健はその中核でありたい。

[講演者プロフィール]

[Profile]

平成19年~23年 全国老人保健施設協会会長を務め、その後4年間、被災地岩手にて訪問診療にチャレンジ。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top