NS-S5
2025年に向けた「在宅介護」の在り方
9月14日(金) 15:30 - 16:30

介護保険制度改定動向を踏まえた介護事業者の生き残り戦略

(株)日本介護ベンチャーコンサルティンググループ 代表取締役 / (一社)全国介護事業者連盟 専務理事 事務局長 斉藤 正行 斉藤 正行 代表取締役 / (株)日本介護ベンチャーコンサルティンググループ 専務理事 事務局長 (一社)全国介護事業者連盟

[講演内容]

[Abstract]

2015年改定はプラス改定となりましたが、あくまで3年間の猶予期間であり、次回2021年改定、2024年同時改定は制度創設以来の大転換となることが予測されます。大転換に向けた制度改定動向を正しく読みとき、介護事業者の生き残り戦略の決定版を解説致します。

[講演者プロフィール]

[Profile]

大学卒業後コンサルティング会社勤務を経て、大手グループホームでの取締役運営事業本部長、全国フランチャイズ展開をする小規模デイサービスでの取締役副社長を経て、現在は、(株)日本介護ベンチャーコンサルティンググループの代表取締役。また、一般社団法人日本デイサービス協会の代表理事、2018年6月に設立された一般社団法人全国介護事業者連盟の専務理事・事務局長に就任するなど、多くの介護関連法人、団体の要職を歴任しています。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top