ビルコース 特別講演

B-S2 ロボット・IoTがもたらすビルメンテナンス変革
12月14日(金) 10:30 - 12:00

ロボットが変えるビルメンテナンス

我が国は急速に少子高齢化が進み、産業界において労働力不足、高齢化が大きな課題になっている。ロボットを使用しなくてはいけない環境が目の前に来ているのが現状である。よく「ロボット」を「人」と比較するが、それは間違いでロボットは通常の清掃マシンと同じ「道具」の一つに過ぎない。現状を交え「ロボットが変えるビルメンテナンス」をテーマにお話しする。
日本ビルメンロボット協議会 会長 / (株)アクティオ 上席執行役員 新規事業開発部長 ロボットセンター長 糸賀 浩延 糸賀 浩延 会長 / 日本ビルメンロボット協議会 上席執行役員 新規事業開発部長 ロボットセンター長 (株)アクティオ
講演者プロフィールSpeaker Profile
1985年4月にセンチュリーリーシングシステム(株)(現東京センチュリー(株))へ入社。東京センチュリーでは32年間のサラリーマン生活の内で担当、次長、部長と計14年間を建設機械の営業に従事。国内・海外で建機ビジネスを展開した。また、東京センチュリーにおいても新規ビジネス部門を設立当初の2001年4月から5年間担当。リースと天候デリバティブの融合商品である「天候リース」(例えば猛暑の場合リース料が減額されるリース商品)や、資産のトレイサビリティー管理ツール、パソコンの付加サービス商品等を開発した。2017年4月に長年アクティオを担当させて頂いたご縁で入社。2018年4月より現職。現在、ビルメン関連ロボットメーカー等約30社が集まる「日本ビルメンロボット協議会」会長。

ロボット・IoTを活用したビル・施設の警備

人手不足や少子高齢化、自然災害など、日々変化する社会情勢。ALSOKはロボットやIoT、AIなど、最新の技術を駆使し、これらの課題解決に積極的に取り組んでいる。本講演では、当社のビル・施設警備の最新事例・将来像に加え、2020年に向けたグランドデザインを語る。
ALSOK 綜合警備保障(株) 常務執行役員 開発技術総括担当 水谷 紀彦 水谷 紀彦 常務執行役員 開発技術総括担当 ALSOK 綜合警備保障(株)
講演者プロフィールSpeaker Profile
1980年入社、開発技術部長などを経て、2016年に執行役員第七地域本部長。17年より現職。

敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。
都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合、およびテキスト配布の無い講演もございます。
あらかじめご了承ください。

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

For Conference
受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く)