レーザー加工技術展 基調講演

Laser-K トヨタ、フラウンホーファーIWSが語るレーザー加工の最前線
12月5日(水) 13:30 - 15:00
  • 事前申込制
  • 同時通訳付  日/英
コースリーダー: Course Leader:  大阪大学 片山 聖二 大阪大学 片山 聖二
サブコースリーダー: Sub Course Leader:  トルンプ(株) 大塚 喜人 トルンプ(株) 大塚 喜人

E-Mobilityの今後の展開とパワートレーン構成要素の変化

自動車のパワートレーンがICEの寡占状態から、1997年のハイブリッド車“プリウス”の登場以来“E-mobility”のシェアーが増加の一途を辿る中で、今後のE-mobilityの展開予想とその主要素であるパワートレーンの構成要素と構造の変化を解説。
トヨタ自動車(株) パワートレーンカンパニー 常務役員 岸 宏尚 岸 宏尚 常務役員 パワートレーンカンパニー トヨタ自動車(株)
講演者プロフィールSpeaker Profile
1984年4月トヨタ自動車(株)入社。エンジン制御システム開発に従事、1997年よりガソリン直噴システムの開発を担当しクラウンなどのV6エンジン群を製品化。
2004年よりタンドラ用V8エンジン開発責任者、2008年からエンジン制御全般の責任者、エンジン設計全般責任者を経て、2015年パワートレーン先行開発責任者として開発を牽引。
本年よりパワートレーンカンパニープレジデント。
現在に至る。

レーザー切断、溶接およびコーティングにおける最新の開発動向

コーティング分野では、ハイブリッド技術が伝熱損失を補う。それとともに、レーザーパウダーコーティング中に記録的な速度が達成可能になる。新しい工場を紹介する。また、熱線および冷線を使用したコーティングについても解説し、最新の加工ヘッドを紹介する。ワイヤコーディングを用いた新たな工業用途を取り上げ、スキャン技術によって切削速度が倍近くになることを説明する。
Fraunhofer Institute for Material and Beam Technology IWS Director Ralf-Eckhard Beyer Ralf-Eckhard Beyer Director Fraunhofer Institute for Material and Beam Technology IWS
講演者プロフィールSpeaker Profile
レーザーおよび表面技術分野でアプリケーション重視の研究開発を行うドイツ・ドレスデンのFraunhofer Institute for Material and Beam Technology IWSでディレクターを務める。Technische Universitaet Dresden機械工学科のレーザーおよび表面技術教授兼Institute of Manufacturing Technology所長。

敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。
都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合、およびテキスト配布の無い講演もございます。
あらかじめご了承ください。

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

For Conference