高機能プラスチック展 専門技術セミナー

PLA-5 ケナフ繊維複合材の可能性 ~自動車部材の適用を例に~
12月7日(金) 13:10 - 14:00
  • 事前申込制(1講演 5,000円)
  • 同時通訳付  日/英
トヨタ紡織ではCO2吸収能力の高い植物繊維ケナフを用いて自動車内装部品を生産している。ケナフ繊維を用いた複合材料は強度、剛性が高く、汎用プラスチックに比べ軽量化が可能である。本講演ではこれらケナフ複合材料の開発技術について紹介する。
トヨタ紡織(株) 内外装先行開発部 バイオ技術開発室 室長 羽柴 正典 羽柴 正典 室長 内外装先行開発部 バイオ技術開発室 トヨタ紡織(株)
講演者プロフィールSpeaker Profile
1999年名古屋工業大学大学院卒業。アラコ(株)に入社。開発部に所属し、樹脂成形工法開発に従事。2002年よりケナフに開発に携わり現在に至る。アラコ(株)は2004年に、タカニチ、豊田紡織と合併し、トヨタ紡織となる。

敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。
都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合、およびテキスト配布の無い講演もございます。
あらかじめご了承ください。

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

For Conference