全17講演 セミナープログラム

テーマで探す 

経営戦略・ブランディング ブランディング戦略 プロモーション戦略 DM戦略 ヒット商品の販促企画 消費者トレンド 営業支援 働き方改革 店舗ブランディング 集客戦略① 集客戦略② 売場づくり 店舗のIT化 SNS活用 効果測定 オンライン・動画広告 EC戦略 広告戦略
販促・マーケティング総合展

課長職以上のVIPの方、¥12,000/枚が "無料" で聴講頂けます!

  • 基調講演(VIP 無料)
  • 課長職以上のVIPの方、¥12,000/枚が "無料" で聴講頂けます!

[SP-K]  経営戦略・ブランディング

“マツダらしさ”で挑む、一気通貫のブランド価値経営

マツダ(株) 常務執行役員 営業領域総括、ブランド推進・グローバルマーケティング担当 青山 裕大

講演内容・プロフィール

<講演内容>
2013年の新型CX-5をはじめとした新世代商品導入以降、成長を続けるマツダ。その背景には、同社のビジョンを本社から営業の現場まで一気通貫で浸透を目指す考え方の転換がある。 “走る歓び”の価値を顧客へ届けるために、全社がブランドの確立を担う組織へと変貌した、“ブランド価値経営”について語る。

<プロフィール>
1988年マツダ入社後、商品技術戦略企画、MPVの開発主査などの開発畑を歩んできた。海外駐在を経て、2011年10月から全く畑の異なる営業へと転じ、開発や商品企画と営業間の密接なコミュニケーションを心がけてきた。また、グローバル営業担当として、文化や考え方の異なる様々な国に赴いて現場の声に耳を傾け、マツダのブランドを共に達成していくことが楽しみ。2014年4月執行役員、2017年4月常務執行役員就任。2018年4月より現職。

ドメインの転換と新たなブランド戦略

オルビス(株) 代表取締役社長 小林 琢磨

講演内容・プロフィール

<講演内容>
従来の通販会社ドメインから脱却し、ブランドビジネスへの事業ドメイン転換を実行。ビューティブランドとしてのD2Cビジネスモデルの確立へ、これからのブランディング×オムニチャネル戦略を語る。

<プロフィール>
早稲田大学大学院商学研究科修了。2002年ポーラ化粧品本舗(現ポーラ)入社。BtoB事業にて営業・商品企画・マーケティングを担当した後、新チャネル進出に携わる。2009年にポーラオルビスグループの社内ベンチャーで立ちあげたdecencia(現DECENCIA)の取締役、2010年より社長に就任。同社を大きく飛躍させた後、2017年にオルビス取締役(商品・通販事業担当)を経て、2018年1月より、オルビス代表取締役社長に就任。

販促EXPO
  • 特別講演

1月31日(木) 10:30 12:00

[SP-S1]  ブランディング戦略

日産のブランドキャンペーンから見る、「ブランド」のつくり方

日産自動車(株) LCVグローバルマーケティング部 部長 森島 幸彦

講演内容・プロフィール

<講演内容>
「ブランド」とは、どのように展開していくのがマーケティングとして適切か、またグローバルに展開していくにあたり、どのような工夫が必要になるのか?「やっちゃえ日産」や「NISSAN PRIDE」キャンペーンを事例に、ネーミングの大切さ、プロダクトコンセプトの日産の裏側について解説し、「ブランド」のつくり方を考えていく。

<プロフィール>
マツダ自動車(株)(海外営業本部)→マーケティングリサーチ会社→日産自動車マーケットインテリジェンス→日産自動車 日本マーケティング本部 →日産自動車 LCVグローバルマーケティング部という経歴。「やっちゃえ日産キャンペーン」を統括し、ブランドの再生に大きく貢献した後、現在は全世界でニッサンインテリジェントモビリティを推進。日産の国内外のマーケティングの第一線で活躍している。

いまやらないと未来はない! 日本企業に欠かせない、マーケティング主導による価値創造 ~サンリオにおけるマーケティング改革~

(株)サンリオ CMO マーケティング本部長 木村 真琴

講演内容・プロフィール

<講演内容>
アナログからデジタル、マスから個、モノからコト消費に、といった社会構造が大きく変化し、生活者が求める企業、サービスが変わっているにもかかわらず、旧来の組織構造、機能を維持したまま変わることのできない日本企業。「その通り。だけどねえ...。」と現状に甘んじるのでなく、危機意識高く行動を起こせる皆様が聞いていただくと、マーケティング機能のない内資企業でも顧客志向で変革できる。

<プロフィール>
P&Gジャパン、ソニーマーケティング、INGダイレクトでマーケティングを歴任し、前職は西友(ウォルマートジャパン)にてマーケティング本部を統括する。 2018年1月 サンリオ入社、同年4月よりCMOとしてマーケティング本部を新設し、当社の変革を牽引する。

  • 特別講演

1月30日(水) 13:00 14:30

[SP-S2]  プロモーション戦略

低迷するガム市場に立ち向かう「クロレッツ」の新たなマーケティング戦略

モンデリーズ・ジャパン(株) 取締役 マーケティング本部 森 繁弘

講演内容・プロフィール

<講演内容>
多様化する消費者ニーズにより、好調・低迷するカテゴリーが顕著である。特に低迷するカテゴリーでは、従来のマーケティング戦略や施策では、カテゴリーの活性化につながらず、これまで以上に新しい発想が求められている。本講演では、日本で30年以上の歴史があるロングセラーブランド「クロレッツ」に焦点を当て、縮小市場において、どのように製品開発、クリエイティブ、販促やメディアプラニングに取り組んでいるのかをお伝えする。

<プロフィール>
P&Gジャパン、日本ロレアルで主にビューティーケアのマーケティングを担当。2014年にモンデリーズ・ジャパン入社。クロレッツブランド担当後、2016年よりオレオ・リッツなどのビスケットカテゴリーマーケティング責任者として、日本の消費者に向けた製品やコミュニケーション開発などを担当。2018年2月より現職。

三ツ矢サイダー、「資産」を活かして「活力」を高めるプロモーション戦略

アサヒ飲料(株) 執行役員 マーケティング本部 マーケティング一部長 宮野 款

講演内容・プロフィール

<講演内容>
2019年、生誕から135年目を迎える「三ツ矢サイダー」。多くの皆様から愛され、世代から世代へと受け継がれてきたブランド資産。その「資産」を活かしつつも、同時代性を失わず、「活力」を高める新陳代謝をどのようなプロモーション戦略で実行しているのかを解き明かす。

<プロフィール>
1985年、アサヒビール(株)に入社。都内で営業活動に従事。その後、清涼飲料・アルコール飲料双方のマーケティング部門、清涼飲料における研究開発部門、海外事業などを経て、2016年よりマーケティング一部長として現在に至る。

1/16(水)まで、受講料¥2,000OFF!(通常¥10,000/枚)

  • 専門セミナ-(早期割引実施中)
  • 1/16(水)まで、受講料¥2,000OFF!(通常¥10,000/枚)

1月30日(水) 10:30 12:00

[SP-1]  デジタル時代のDM戦略

国内外のDMアワード37冠を誇る ダイレクトマーケティングゼロの売れるDM戦略とは

(株)ダイレクトマーケティングゼロ 代表取締役 田村 雅樹

講演内容・プロフィール

<講演内容>
キレイなだけの【感覚的なDM】ではなかなか売上にはつながらないが、キチンと【ロジック】を押さえて作ればDMの反応率は確実に上がる! 戦略性や実施効果も重要な評価基準の国内外のアワードを獲得した、DM0のクリエイティブ戦略を大公開する。

<プロフィール>
1972年生まれ。早稲田大学法学部卒業後、「(株)ベネッセコーポレーション」、大手化粧品会社を経て、2009年に通販専門のコンサルティング会社「ダイレクトマーケティングゼロ」を設立。通販化粧品・健康食品企業を中心に計500社以上の顧問・コンサルティングを行う。「AMIDAS」や「通販7指標必勝方程式」などの独自理論を打ち立て、クライアントの売上を20倍上げた実績をもつ。「DMA国際エコー賞」「ケープルズ賞」をはじめ「全日本DM大賞」などダイレクトマーケティングに関する賞を国内外で通算37冠受賞。著書に『ゼロからはじめる通販アカデミー』(ダイヤモンド社)がある。講演・寄稿等多数。

休眠客の掘起こしに成功した、オイシックスのDM戦略

オイシックス・ラ・大地(株) 統合マーケティング本部 本部長 井上 政人

講演内容・プロフィール

<講演内容>
食材宅配のOisix(おいしっくす)が実施するDM戦略。EC、通販の共通課題である初回利用のみで解約をしてしまう『休眠客』に対して、休眠顧客の活性化を目的としたDMを実施し、DM経由での入会数が通常の200%以上の結果を出した。この結果に繋がる、実施プロセスを事例を交えて解説する。EC、WEB系企業のDM活用の参考に。

<プロフィール>
Oisixに2014年入社。EC事業本部PR室にてプロモーション全般を担当。2018年より統合マーケティング部部長へ就任。現在はマスメディア、ソーシャルメディア、WEBメディア、リアルメディアを活用したマーケティングを統合的に実施。より多くの食卓を豊かにする為に新しいチャレンジを常に行っている。

1/16(水)まで、受講料¥2,000OFF!(通常¥10,000/枚)

  • 専門セミナ-(早期割引実施中)
  • 1/16(水)まで、受講料¥2,000OFF!(通常¥10,000/枚)

1月31日(木) 15:30 17:00

[SP-2]  ヒット商品の販促企画

ロッテの“チョコパイ”はなぜ売れ続けるのか? お客様に愛され続けるためのマーケティング極意を学ぶ

(株)ロッテ ロッテノベーション本部 ブランド戦略担当 焼き菓子企画課 本原 正明

講演内容・プロフィール

<講演内容>
チョコパイは1983年に発売以来35年目を迎えるロングセラーブランドである。発売当初より日持ちしないケーキの美味しさを日持ちするような形でお客様へ提供することを目指して開発された商品。お客様に愛され続けるための近年実施した様々なマーケティング活動事例を当日お伝えする。

<プロフィール>
2007年4月に(株)ロッテに入社。営業職を経て2010年より商品開発部(現マーケティング部)にてチョコレートカテゴリー、キッズカテゴリーのブランドを担当し、2016年よりチョコパイブランドを担当し現在に至る。他にビックリマンブランドも担当。

2年で、2倍の売上に!ハイボール戦略から見える、販促企画術とは

サントリースピリッツ(株) 事業企画部 課長 ウイスキーアンバサダー 奈良 匠

講演内容・プロフィール

<講演内容>
25年間ダウントレンドが続いたウイスキー事業がV字回復した背景には何があったのか。「0から1」を実現できたアイデアと「1を10」に拡げることができたマーケティング戦略について、具体的な事例を用いて紹介する。

<プロフィール>
2001年、サントリー(株)入社。営業部門を経て、2008年から2015年までウイスキーのブランディング・マーケティングを担当。2015年よりスピリッツ事業全体戦略を担当し、現在に至る。

1/16(水)まで、受講料¥2,000OFF!(通常¥10,000/枚)

  • 専門セミナ-(早期割引実施中)
  • 1/16(水)まで、受講料¥2,000OFF!(通常¥10,000/枚)

2月1日(金) 15:00 16:30

[SP-3]  消費者トレンド分析

東京五輪後の消費を牽引する、「ミレニアルズ」と「ニューシニア」のインサイトの掴み方

キリン(株) ブランド戦略部 キリン食生活文化研究所 シニア・フェロー 太田 恵理子

講演内容・プロフィール

<講演内容>
成熟化と人口減少を背景に、東京五輪後の消費の先行きには暗雲がたちこめている。そんな中で、消費を牽引する可能性があるのが、「ミレニアルズ」と「ニューシニア」だ。彼らの財布の紐をゆるめるインサイトを探索する。

<プロフィール>
東京大学文学部社会心理学科卒業。キリングループでリサーチ、商品開発、メディアバイイングなど、マーケティング全般に従事。2007年新設のキリン食生活文化研究所長に就任。2017年10月よりシニアフェロー。「くらしを考える。そして創造する。」をテーマに、お客様や大学、他企業と、社会や生活者の変化に関する研究と、価値の共創を行っている。
■著書:消費トレンド2014-2018,日経BP社,2013
■論文:若者のライフスタイル―成熟社会に生きる若者と格差
Japan Marketing Journal 136,5-22,2015 Spring

2019年は何が買われる? ~楽天のデータ解析からみる商品トレンドとその背景を学ぶ~

楽天(株) マーケットプレイス事業 ECコンサルティング部 ジャンル戦略課 データインテリジェンスグループ ヴァイスマネージャー/トレンドハンター 清水 淳

講演内容・プロフィール

<講演内容>
拡大を続けるEC市場において、最新のトレンド情報を把握することは非常に大事である。ネット上のデータ解析からの2019年商品トレンド予測を公開。

<プロフィール>
1997年横浜市立大学商学部経済学科卒業後、(株)JTBを経て、2003年に楽天(株)に入社。約15年、ネットショッピングのさまざまなデータを分析。この数年は、ネット上のデータをもとに消費動向分析、将来トレンド分析している。

店舗販促EXPO
  • 特別講演

1月30日(水) 15:30 17:00

[TH-S1]  集客戦略

過去最高の入場者数!サンシャイン水族館の集客戦略

(株)サンシャインエンタプライズ 取締役 サンシャイン水族館 館長 丸山 克志

講演内容・プロフィール

<講演内容>
1978年に開業したサンシャイン水族館は、近年2度のリニューアルを経て過去最高の入場者数を記録した。大型設備投資に留まらず「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」等の企画展や、日本全国の水族館・動物園と協働で「カワウソゥ選挙」を実施。独自の集客施策について、過去の事例を交えご紹介する。

<プロフィール>
東京海洋大学(旧東京水産大学)卒業後、(株)サンシャインエンタプライズに入社。飼育・展示スタッフとして、長年魚類を中心に担当。1991年のしながわ水族館オープンや、2011年のサンシャイン水族館リニューアルに携わり、2015年にサンシャイン水族館館長に就任。

観客動員数を5年で80%アップに導いた、横浜DeNAベイスターズの経営戦略

(株)横浜DeNAベイスターズ 執行役員 事業本部 本部長 兼 経営企画本部 本部長 木村 洋太

講演内容・プロフィール

<講演内容>
2011年、DeNAがプロ野球の球団経営に参画以降、7年間で観客動員数が80%を超える増加を記録するなど、成長を続ける横浜DeNAベイスターズ。革新的な球団経営の背景には、データ分析に基づいたマーケティング戦略がある。本講演では、その取組みと共に、横浜の街を舞台に取り組む「横浜スポーツタウン構想」について語る。

<プロフィール>
米系戦略コンサルティングファームから2012年に(株)横浜DeNAベイスターズに入社。事業計画策定、動員イベント立案、球場改修計画策定、マーケティング分析・顧客戦略策定、プロモーション関連などを担当の後、2014年事業本部チケット営業部部長、2015年経営戦略・IT戦略部部長、2017年執行役員経営企画本部本部長を歴任。2018年1月より執行役員事業本部本部長(現任)、横浜DeNAベイスターズの事業部門(売上)全般の責任者とし、チケット・放映権・スポンサー・グッズ・飲食等を統括するとともに、横浜スポーツタウン構想やTHE BAYS事業、球場改修計画立案などを手掛ける。

  • 特別講演

2月1日(金) 13:00 14:30

[TH-S2]  店舗ブランディング

Soup Stock Tokyoは、「ふつうのスープ屋」ではありません。

(株)スープストックトーキョー 取締役社長/ (株)スマイルズ 副社長 松尾 真継

講演内容・プロフィール

<講演内容>
「食べるスープの専門店」として、素材本来のおいしさを生かし、からだに余計なものには頼らないスープを展開するSoup Stock Tokyo。全国約68店舗、社員・アルバイトパートナー含め1700人の一人一人がブランドを体現するための数々の独自の取り組みをご紹介する。


<プロフィール>
1976年、神奈川県生まれ。早稲田大学卒業後、1999年に日商岩井(株)(現:双日(株))に入社。2001年、ユニクロを運営する(株)ファーストリテイリングを経て、2004年にスープストックトーキョーを運営する(株)スマイルズへ入社。 商品開発や経営管理を経験しながら事業全体を統括する。2008年、同社取締役副社長に就任。2016年2月に、(株)スマイルズの分社により(株)スープストックトーキョーを設立し、同社の社長に就任。現在、(株)スマイルズ副社長も兼任する。2児の父で、2018年4月には育休を1か月間取得するなどイクボスとしての活動も進める。

すかいらーくが挑戦する 顧客エンゲージメントとは

(株)すかいらーくホールディングス 取締役常務執行役員 CMO マーケティング本部 マネージングディレクター 和田 千弘

講演内容・プロフィール

<講演内容>
年間4億人の顧客が来店するすかいらーくグループの顧客エンゲージメント向上においては、リアルタイムブランディングでクリエイティブを変えながら、デジタルメディアの活用を高速で最適化し続けている。そのマネジメント手法についてお話する。

<プロフィール>
1992年に(株)第一勧業銀行(現(株)みずほ銀行)に入社。大蔵省大臣官房調査企画課やマッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社を経て(株)アルペン取締役企画本部長、カートサーモン日本代表マネージングパートナー、(株)インターブランドジャパン代表取締役社長CEO、グーグル日本法人事業戦略部門長兼分析統括責任者、シャディ(株)代表取締役社長兼CEOを務める。2016年に当社社外取締役に就任し、2018年7月より現職。

1/16(水)まで、受講料¥2,000OFF!(通常¥10,000/枚)

  • 専門セミナ-(早期割引実施中)
  • 1/16(水)まで、受講料¥2,000OFF!(通常¥10,000/枚)

1月31日(木) 10:30 12:00

[TH-1]  売り場づくり

売れるPOPの作り方 ~売上げに直結する“コトPOP”とは~

(株)山口茂デザイン事務所 代表取締役 山口 茂

講演内容・プロフィール

<講演内容>
コトPOPはプライスカードと何が違うの?それは、文字通り「コト」を伝えるためのツールというところ。その結果、お客様のさまざまな感情を引き出し、強い購入動機につながる。商品から生まれるコトを通して自分が飲んだり食べたり、 使っている楽しそうな姿が容易に想像できる。読んで楽しく、売上げが面白いほどにアップする、最強の販促ツールが「コトPOP」である。

<プロフィール>
1974年3月文化服装学院ディスプレイ科卒。(株)新星堂入社。宣伝部にてディスプレイ、宣伝、販促、POP広告制作とショップの演出指導を担当。1984年 (株)山口茂デザイン事務所設立。全国の小売店、メーカーのディスプレイ、VMD、コトPOP、店舗演出指導に従事する日本でただ一人のVMD&コトPOPマーケティングコンサルタント。

消費者との共創が生む、個別プロモーションの最適化

カルネコ(株) 代表取締役社長 加藤 孝一

講演内容・プロフィール

<講演内容>
消費者の多様化により、マスプロモーションから個別プロモーションへの需要が高まっている。消費者が思わず商品購入に至るプロセスと「エリア×チェーン×週」から導く個別プロモーションの効率的な展開、さらにその効果を図る工夫を事例とともにお伝えする。

<プロフィール>
1981年、カルビー(株)に入社。営業、物流、マーケティング、経営企画を地域事業部で経験。1995年、本社・営業革新推進室、マーケティング企画室マネージャーを経て、2002年プロモーション革新プロジェクト・オーナー。2005年9月、 CalNeCo事業部設立。2016年8月、カルネコ(株)設立。

1/16(水)まで、受講料¥2,000OFF!(通常¥10,000/枚)

  • 専門セミナ-(早期割引実施中)
  • 1/16(水)まで、受講料¥2,000OFF!(通常¥10,000/枚)

2月1日(金) 10:30 12:00

[TH-2]  店舗のIT化

顧客とよりつながるためのサイネージ活用方法

インテル(株) IoT アジア セールス IoT マーケットデベロップメントマネージャ 幸村 裕子

講演内容・プロフィール

<講演内容>
サイネージは年々高機能になり、様々な機能を併せ持つようになった。一方的な広告媒体としてだけでなく、双方向のコミュニケーションツールとしても、店舗の業務改善ツールとしても役立てることができる。機能とアイデアを駆使し、様々なサービスの向上に結び付ける活用事例をご紹介する。

<プロフィール>
インテル(株)に入社後、技術マーケティング、技術営業担当を経て近年はIoTの事業開発を担当。プラットフォームの基礎製品の提供会社として、IoT市場の促進と、その中でのインテル製品の価値提供を目指して活動。特にインテル社のIoT注力分野であるビジョン、製造業、小売業等に注力している。

売上げ5倍!伊勢の老舗店「ゑびや」のIT改革とは ~業務効率化やデータに基づく来店予測の活用方法~

(株)EBILAB 代表取締役 CEO 小田島 春樹

講演内容・プロフィール

<講演内容>
サービス産業全般の課題である「勘」ではなく「データ」に基づく経営を実現した伊勢の老舗飲食店の挑戦事例の紹介。解決手段として『Touch Point BI』の自社開発に至った経緯とゴールを詳しく解説。販売前顧客属群の取得や、来客見込み数の把握をAI/IoTで実現。店舗運営に掛る諸般の作業の多くを自動化し、経営者だけでなく、お客様、取引業者様、従業員も幸せになる仕組みを講話する。

<プロフィール>
大学卒業後、ソフトバンクに入社し人事や新規事業開発を担当。2012年に義父が経営する(有)ゑびやに専務取締役として入社。2017年に代表取締役就任。2018年にサービス業向けのシステム開発、AI/IoTツールの活用研究を事業とする(株)EBILABを設立し代表取締役就任。他に、地域の課題解決を研究テーマに三重大学地域イノベーション学研究科の博士課程に在籍。

1/16(水)まで、受講料¥2,000OFF!(通常¥10,000/枚)

  • 専門セミナ-(早期割引実施中)
  • 1/16(水)まで、受講料¥2,000OFF!(通常¥10,000/枚)

1月30日(水) 13:00 14:30

[TH-3]  集客戦略

北欧雑貨 Flying Tiger Copenhagenのコミュニティ活用のマーケティング戦略

Zebra Japan(株) マーケティング部 部長 柘野 英樹

講演内容・プロフィール

<講演内容>
消費者の趣向性が多様化する中で、多くの消費者にリーチ=売り上げアップという単純な構図で戦略を捉えることが難しくなっている。そこで注目されているのが「コミュニティ」である。本セッションで、「コミュニティ活用」のマーケティング戦略をテーマに、Flying Tiger Copenhagenの『コミュニティという「場づくり」における企業の関わり方』についてお話しする。

<プロフィール>
CM制作会社、広告会社を経て、2004年にアディダス ジャパンに入社。PR、ブランドマーケティング、リテールマーケティングを担当し、その後、スターバックス コーヒー ジャパンに転職。年間プロモーションの設計・実行から、商品本部コーヒーチームでは新商品のグローバルプロジェクトをリード。2014年Zebra Japanに入社。北欧デンマークの雑貨ストア「フライング タイガー コペンハーゲン」のマーケティング責任者として数々のプロモーションをリードしている。

Web販促EXPO
  • 特別講演

1月31日(木) 15:30 17:00

[WS-S]  EC戦略

消費者の「売る」「買う」のモチベーションを刺激する、マーケティング戦略

(株)メルカリ マーケティンググループ シニアマーケティングスペシャリスト 南坊 泰司

講演内容・プロフィール

<講演内容>
年間140%以上の成長をキープし続けるCtoCマーケットプレイスであるメルカリ。事業フェーズが変化しても成長を維持し続けるためマーケティングも変化している。消費者の「売る」「買う」のモチベーションを刺激しマーケットを刺激するメソッドをお伝えする。

<プロフィール>
2011(株)電通入社。ストラテジックプランナーとして企業ブランディング、マーケティング分析を経験する。その後、マーケティングマネージャーとして同社のDMP開発、DMPを活用したソリューション提供を推進。2018年より(株)メルカリに入社。マーケティンググループのプロジェクトオーナーとして、フルファネルで関わり急成長する同社のマーケティングを推進。

ナノ・ユニバースが語る、ECと店舗の融合戦略

(株)ナノ・ユニバース 経営企画本部 WEB戦略部 部長 越智 将平

講演内容・プロフィール

<講演内容>
Eコマースを10年に渡って成長させてきたナノ・ユニバースが次に目指すものは? Eコマースで得たノウハウをリアル店舗と融合させることで、未来に向けた新しい小売の体系についてお話しする。

<プロフィール>
2002年 株式会社ナノ・ユニバース入社。店舗での販売業務を経て、2005年よりECの担当となる。
2010年よりWEB事業の責任者として、EC事業の拡大、CRM、デジタルマーケティングを中心に、店舗とECの融合に取り組んでいる。

1/16(水)まで、受講料¥2,000OFF!(通常¥10,000/枚)

  • 専門セミナ-(早期割引実施中)
  • 1/16(水)まで、受講料¥2,000OFF!(通常¥10,000/枚)

1月30日(水) 15:30 17:00

[WS-1]  SNS活用

JALのブランド価値を高める為の、SNS活用のポイントとは

日本航空(株) コミュニケーション本部 コーポレートブランド推進部 Webコミュニケーショングループ長 山名 敏雄

講演内容・プロフィール

<講演内容>
JALブランドの価値は人。航空機利用時以外で、生活者との日々のコミュニケーションに活用しているSNSを利用したJALのブランドコミュニケーション戦略について、社員が実名顔出しで登場する理由など実例を交えてご紹介。

<プロフィール>
新卒で日本航空(株)に入社後、社内IT部門にてシステム開発プロジェクトのPM業務等に従事。その後、ECサイト企画・運営やグループ会社のシステム部門等を経て2016年4月より現職。

SNSエンゲージメント率 日本3位!京都・宇治のお茶屋さん“伊藤久右衛門” のSNS活用術

(株)伊藤久右衛門 WEB営業部 メディア広報課 兼 マーケティング課 マネージャー 平元 絵李子

講演内容・プロフィール

<講演内容>
中小企業でもSNSを上手く活用することで、大勢の人に社名や商品・サービスを認知される時代。京都の一中小企業である『伊藤久右衛門』が、どのように「Facebookランキング日本3位」「LINE@売上1,980万円」「Twitter1000万リーチ」などの実績をつくることが出来たのか。Facebook、Twitter、Instagramなど、SNSごとにその秘訣を紹介する。

<プロフィール>
2010年、伊藤久右衛門入社。WEB営業部にてECサイトの運用を担当。2012年よりFacebook、Twitter、2015年よりInstagramを開始。現在は、ECサイト運用と平行でSNS全般を運用中。

1/16(水)まで、受講料¥2,000OFF!(通常¥10,000/枚)

  • 専門セミナ-(早期割引実施中)
  • 1/16(水)まで、受講料¥2,000OFF!(通常¥10,000/枚)

1月31日(木) 13:00 14:30

[WS-2]  効果測定

広告とPRの効果をどうはかる? ~統合マーケティング効果測定~

ブルーカレント・ジャパン 代表 戦略PRプランナー 本田 哲也

講演内容・プロフィール

カゴメの顧客分析手法とメディアプランニングの構築プロセス

カゴメ(株) マーケティング本部 通販事業部 販売企画グループ 主任 原 浩晃

講演内容・プロフィール

<講演内容>
カゴメの通販事業が成長過程でぶつかった壁と、その壁をどのような方法で乗り越えたか、新規顧客獲得販促担当者が、当時の課題を踏まえ、取り組んだ顧客分析手法、媒体選定方法と効果について、具体的な事例を交えて紹介する。

<プロフィール>
2002年 カゴメ入社。営業部門で新規販路開拓をミッションに活動。職域、スポーツクラブ、ECサイト等、多様な新規販路の開拓に成功する。2013年 通販事業部へ異動、ブランド担当兼、新規顧客獲得販促担当として、宣伝費削減の環境下において、2年で30%の獲得効率を改善し、140%の獲得規模を拡大することに成功。2017年 同事業部フルフィルメント担当に異動、コールセンターを中心としたCRM構築を推進。同年コンタクトセンターアワードにおいて、コールセンターCRMのストラテジー賞を受賞。2018年 事業部を横断したCRMプロジェクトを立ち上げ、プロジェクトマネージャーとして、ファンレベルとLTVに相関する指標の開発に着手中。

1/16(水)まで、受講料¥2,000OFF!(通常¥10,000/枚)

  • 専門セミナ-(早期割引実施中)
  • 1/16(水)まで、受講料¥2,000OFF!(通常¥10,000/枚)

2月1日(金) 12:45 14:15

[WS-3]  オンライン・動画広告

結果を出すオンライン仕掛け型広告発想法

(株)博報堂 クリエイティブディレクター 河西 智彦

講演内容・プロフィール

<講演内容>
拡散を狙ったオンラインのプロモーションは、どのようなポイントを押さえて企画をしていけば良いのか。事例を紹介しながらコツやポイントを紹介する。また、拡散しても売上につながらないWEBプロモーションも増えている。その原因と対策も講演する。

<プロフィール>
1999年3月、一橋大学卒業。(株)博報堂に入社。7年間の営業局勤務を経て、2006年よりクリエイティブ職。TVCMやコピーだけでなく、戦略PRや商品開発、WEBメディアも駆使して、関西の遊園地「ひらかたパーク」や北九州の遊園地「スペースワールド」など、逆境に陥っていた遊園地において低予算で集客増を実現した。その他、様々なクライアントでも売上げ増を達成している“V字回復クリエイター”。Yahoo!トップは20回獲得。カンヌライオンズ金賞をはじめとした海外賞を多数受賞。国内においてもグッドデザイン大賞、朝日広告賞、広告電通賞、ACC金賞、マーケティング大賞、地域コピーライターズクラブグランプリなど、100以上の賞を受賞。

73%の購入意向アップに成功した「サランラップ」「クックパー」の動画マーケティングとは

旭化成ホームプロダクツ(株) マーケティング部 コミュニケーション企画グループ 課長代理 児嶋 和生

講演内容・プロフィール

<講演内容>
ロングセラーブランドであり、すでに認知度が高く、関心を持たれにくい「サランラップ」や「クックパー」などの日用品ブランドのイメージをいかに向上させたのか。レシピ動画や、動画媒体の活用方法、さらに、「サランラップ」動画コンテンツの改善から結果を出すまでの道のりを紐解き、消費者の“買いたい気持ちを刺激する”動画コンテンツの作成の過程を紹介。購入意向を始めとしたブランドイメージを変えていった事例を解説する。

<プロフィール>
2007年3月大阪大学卒業。旭化成(株)に入社し、旭化成ホームプロダクツ(株)に配属。業務用、家庭用の営業を経験して2015年よりマーケティング部にて広告宣伝を始めとしたサランラップブランド全般を担当。2018年よりジップロックの広告宣伝も担当。

広告宣伝EXPO
  • 特別講演

1月30日(水) 10:30 12:00

[AD-S]  広告戦略

お客様と絆をつくるブランドづくり

エステー(株) 執行役 エグゼクティブ・クリエイティブディレクター 鹿毛 康司

講演内容・プロフィール

<講演内容>
ブランドは企業のものでなくお客様のものである。そこには機能や商品価値だけではない「絆」をつくることがとても大切である。これを具体的にどのようにエステーでは行ってきたのか。実例をもとにコミュニケーション戦略についてご紹介する。

<プロフィール>
エステー(株)のエグゼクティブクリエイティブディレクター。福岡県生まれ。早稲田大学商学部、ドレクセル大学MBA。2003年から広告主でありながらクリエイティブを自ら作り出す、マーケティングの理論と感性の両方をもつ稀有な存在。テレビCMやネット展開の企画から作詞作曲、CM監督、雑誌のインタビューアー、グロービス講師など幅広く活動する。ネット展開にも精通し、CMを起点にネットで話題を展開する手法で2012年のWeb人貢献賞を受賞。代表作は西川貴教とミゲルによる「消臭力~夢の共演篇」(2011) ACC金賞。

ミクシィの戦略「ユーザーサプライズファースト」の体現 〜モンストのバイラルマーケティングから学ぶ〜

(株)ミクシィ 執行役員 マーケティング本部長 根本 悠子

講演内容・プロフィール

<講演内容>
世界累計利用者数4,500万人(2018年3月時点)を突破し、2018年10月で5周年を迎えたスマホアプリのひっぱりハンティングRPG「モンスターストライク」。本講演では、ユーザーに愛され続ける秘訣を近年取り組んだマーケティング活動事例をもとにお伝えする。

<プロフィール>
2007年ミクシィに中途入社。『Find Job!』のコンテンツプランナーやSNS『mixi』のプロモーション・プロダクトオーナーを歴任し、2013年5月産休・育休で休職、2014年4月に復職。直近ではモンストや新規事業のマーケティングを統括。2018年4月に執行役員(マーケティング領域)に就任。

営業支援EXPO
  • 特別講演

1月31日(木) 13:00 14:30

[SE-S]  データ活用による営業・働き方改革

すべての営業にAI革命を~第4次産業革命時代のスマートな顧客とのつながり方~

(株)セールスフォース・ドットコム 専務執行役員 コマーシャル営業 千葉 弘崇

講演内容・プロフィール

<講演内容>
受注率が30%向上するなど、AI(人工知能)を使うことで営業活動はよりスマートに効率的に変わる。第4次産業革命時代の営業はどう変わっていくのか、先駆者の取り組みなど、営業とAIに関する最新のトレンドをご紹介する。

<プロフィール>
1995年に明治大学経営学部卒業後、外資系ハードウエアメーカー、外資系コンサルティングファームを経て、2008年4月(株)セールスフォース・ドットコム入社。コマーシャル営業本部営業マネージャーに就任。13年より営業担当執行役員に就任。

売上向上、残業減!データ活用による営業現場の真の働き方改革とは?

ソフトブレーン(株) 取締役 本社営業本部長 兼 人財開発室長 長田 順三

講演内容・プロフィール

<講演内容>
働き方改革の本質とは何だろうか?それは生産性向上にある。そして、生産性向上には、データ活用が欠かせない。企業にはさまざまなデータが存在するが、それらを効率よく活用できる仕組みがなければ、売上向上にはつなげられない。本講演では、売上に直結する営業部門の生産性向上方法についてご紹介する。

<プロフィール>
2001年 ソフトブレーン入社。2004年 ソフトブレーン・サービス創業役員として立ち上げに従事。2005年 専務取締役。2006 某IT会社代表取締役などを経て、2011年 ソフトブレーン復帰。2014年 取締役就任。延べ3万人以上に講演、営業コンサルティング実績500社以上。より実践的な成果にこだわる営業コンサルタントとして現職に至る。


page top