ロボデックス セミナー


ロボット社会の実態、各種製造業での協働ロボット導入、ロボット開発から最新アシストスーツ・サービスロボットの導入事例など注目テーマを網羅!

基調講演 事前申込制

ROBO-K1 2019年1月17日(木) 10:00  -  11:30
  • 満席

産業ロボットが製造業にもたらす変革

  • 同時通訳付:日/英/韓/中

KUKAが実現する人とロボットが協働する時代

KUKA Japan(株) 代表取締役社長 星野 泰宏

講演内容&プロフィール

<講演内容>
人とロボットが協働していく新しい時代の中で、KUKAはどのように考え製品開発に取り組み今後を見据えているのか、その中でキーとなる最新ロボットテクノロジーや実用例を紹介し、それらがもたらす人とロボットが共存していくモデルケースを提案する。

<プロフィール>
1997年にシーメンスに入社しFA機器関連事業に約10年間従事する。
その後ドイツ企業であるKUKAの日本法人立ち上げに携わる。
現在はKUKA Japan(株)の代表取締役社長を務めており、
日本市場に産業用ロボットを中心としたKUKA製品の導入を進める。

エヌビディアのロボットAI戦略

エヌビディア(同) 日本代表 兼 米国本社副社長 大崎 真孝

講演内容&プロフィール

<講演内容>
エヌビディアの最新のロボットAI戦略についてご紹介する。

<プロフィール>
大学卒業後、1991年に日本テキサス・インスツルメンツ(株)に入社。大阪でエンジニアと営業を経験した後、米国本社に異動し、ビジネスディベロップメントを担当。本社勤務を含め20年以上、DSP、アナログ、DLP製品など幅広い製品に携わりながら、様々なマネジメント職に従事。
2014年、エヌビディアに入社。エヌビディア ジャパン代表として、パソコン用ゲームのグラフィックス、インダストリアルデザインや科学技術計算用ワークステーション、そしてスーパーコンピューターなど、エヌビディア製品やソリューションの市場およびエコシステムの拡大を牽引し、日本におけるAIコンピューティングの普及に注力している。
首都大学東京で経営学修士号(MBA)を取得している。

ROBO-K2 2019年1月18日(金) 9:30  -  11:00
  • 満席

サービスロボットがつくる未来社会

  • 同時通訳付:日/英/韓/中

羽田空港におけるロボット社会実装の取組み ~Haneda Robotics Lab~

日本空港ビルデング(株) 取締役副社長 大西 洋

講演内容&プロフィール

<講演内容>
羽田空港のターミナルビル等を管理運営する日本空港ビルデング(株)では、2016年より官民連携としてHaneda Robotics Labを開設し、「案内」「清掃」「移動支援」「警備」「物流」「翻訳」等のカテゴリにおける合計24機種のロボットの実証実験を実施してきた。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控えて、これまでの実証実験のフェーズから導入フェーズへと着実に進む計画の現状についてご説明するとともに、加速度的に変化し続ける未来社会に向けた今後の展望などを説明する。

<プロフィール>
東京生まれ。1979年慶應義塾大学卒業、同年 伊勢丹入社。三越 常務執行役員MD統括部長、伊勢丹 常務執行役員等を経て、2012年三越伊勢丹ホールディングス代表取締役社長執行役員、三越伊勢丹 代表取締役社長執行役員に就任。
2018年6月より、日本空港ビルデング 取締役副社長執行役員、同年7月より羽田未来総合研究所 代表取締役社長(兼任)。

変化するショッピングセンターとロボット

(株)パルコ 執行役 グループICT戦略室担当 林 直孝

講演内容&プロフィール

<講演内容>
パルコは店舗の魅力を最大限に発揮するためにICTを活用したさまざまなサービスを提供している。常に変化するお客様のニーズに対応するために、また、お客様がまだ体験していない価値を提供するためにロボットの活用は有効的だと考えている。
本講演では、パルコで取り組むロボット活用について紹介する。

<プロフィール>
パルコ入社後、全国の店舗、本部及び、Web事業を行う関連会社(株)パルコ・シティ(現(株)パルコデジタルマーケティング)を歴任。
店舗のICT活用やハウスカードとスマホアプリを連携した個客マーケティングを推進する「WEB/マーケティング部」等を担当。
2017年3月より、新設された「グループICT戦略室」でパルコグループ各事業のオムニチャネル化、ICTを活用したビジネスマネジメント改革を推進。

人を幸せにするテクノロジーの使い方

ハウステンボス(株) 取締役 & CTO/ (株)hapi-robo st 代表取締役 社長 富田 直美

講演内容&プロフィール

<講演内容>
ハウステンボスにおけるロボット事業の立役者でもあり、米国企業11社の経営をしてきた富田が、豊富な経験を基に、人とロボットが補い合うロボット社会の可能性と、E-Trinity(自己・自然節理・環境経済)による幸福世界の実現を目指していく方法について講演する。

<プロフィール>
E-Trinity(自己・自然節理・環境経済)による幸福世界の実現・持続をライフワークとし、教育、スポーツ、哲学、芸術、デザイン、メカトロニクス、ラジコンなど多岐に渡るマルチ・プロフェッショナル。外資系IT企業の日本法人社長など11社の経営に携わり、これまでに(財団法人)日本総合研究所理事、社会開発研究センター理事、アジア太平洋地域ラジコンカー協会(FEMCA)初代会長等を歴任。

特別講演 事前申込制

ROBO-S1 2019年1月16日(水) 10:30  -  12:00
  • 満席
  • 無料

ロボット・IoTを用いた次世代物流

  • 同時通訳付:日/英

物流だけでない、ロボット知能化による生産設備自動化と
最新の工場物流自動化事例

(株)MUJIN CEO 兼 共同創業者 滝野 一征

講演内容&プロフィール

<講演内容>
MUJINコントローラによるロボット知能化事例は昨今多く取り上げられるが、今回は徐々に広がりつつある生産設備での自動化事例と今まで誰も手を付けていなかった工場物流の最新自動化事例を動画を交えて説明する。

<プロフィール>
米国大学を卒業後、ウォーレン・バフェットが保有し、製造業の中でも世界最高の利益水準を誇る事で有名なイスカル社でキャリアをスタート。現場で生産方法を提案する技術営業として賞も獲得するなど、多くの実績を残す。その後世界的ロボット工学の権威のRosen博士と出会い、CEOとしてMUJINを設立。滝野の現場力とRosen博士の技術力の融合が、MUJINがベンチャーにとっては難しい製造業という分野で躍進を続けている原動力になっている。

物流革命に向けたニトリグループの取り組み

(株)ホームロジスティクス 代表取締役社長/ (株)ニトリホールディングス 上席執行役員 五十嵐 明生

講演内容&プロフィール

<講演内容>
ニトリグループの物流を一手に手掛けるホームロジスティクスは、物流業界全体に逆風が吹き続ける中、「働く人に優しい物流現場の実現」のため、ロボット倉庫「オートストア」の導入等、積極的にIT、ロボット導入などの改革を続けている。

<プロフィール>
1986年3月、(株)ニトリ家具入社。7店舗配転のち、人事分野を担当する部署で経験を積む。その後、数部署で部署長を務め、物流システム再構築プロジェクトリーダーに着任。国内外の物流の最適化に着手し、2010年には(株)ホームロジスティクスの立ち上げに携わった。その後、人事系の部署長を務め、ニトリグループ内の人事制度を国外に展開し、2014年にはグローバル人事システム導入等、国を越えた全グループ人財育成プロジェクトの指揮を執った。2018年4月、(株)ホームロジスティクス代表取締役社長に就任。ニトリグループの物流部門を担う同社の改善・改革に着手する。

ROBO-S2 2019年1月17日(木) 15:00  -  16:30

次世代ロボット開発責任者 スピーチ

  • 同時通訳付:日/英

aiboから見るソニーのロボット事業への取組み

ソニー(株) 執行役員 AIロボティクスビジネス担当 AIロボティクスビジネスグループ 部門長 川西 泉

講演内容&プロフィール

<講演内容>
自律型エンタテインメントロボットaiboの開発背景、クラウドプラットフォームやサービスを含めた商品概要、事業概要をご紹介する。

<プロフィール>
ソニー・コンピュータエンタテインメントでプレイステーションの開発に携わり、その後、ソニーモバイルコミュニケーションズ取締役としてスマートフォン事業を担当、2016年よりソニー執行役員 AIロボティクスビジネス担当 AIロボティクスビジネスグループ 部門長としてロボット事業を推進している。

機械にできることは機械に任せ、人間はより創造的な分野で活動を楽しむ

Omron Adept Technologies, Inc. President & CEO, Tom Mathias

※講演者が変更になりました。あらかじめご了承ください。(2018年10月25日付)

講演内容&プロフィール

<講演内容>
オムロンは事業を通じて社会の発展に貢献することを使命とし、モノづくりを戦略コンセプト「i-Automation!」で革新を加速させている。コア技術「センシング&コントロール+THINK」の発展で、製造業における人と機械の協調を進化させている。

<プロフィール>
Tom Mathiasはインテリジェントなビジョン一体型のロボットシステムとサービスで世界をリードするオムロンアデプトテクノロジーズ(本社:カリフォルニア)の社長・CEOを務める。
アメリカ、ヨーロッパと日本で自動化産業で20年以上のグローバル経験を持ち、英語、ドイツ語、そして日本語を流暢に話す。
オムロンアデプトテクノロジーズはオムロン(TYO:6645)の米国子会社である。

ROBO-S3 2019年1月18日(金) 12:00  -  13:00

ロボットメーカー チェアマンスピーチ 

  • 同時通訳付:日/英

ファナックの挑戦 ~ロボットとIoTが切り拓くSmart Manufacturing~

ファナック(株) 代表取締役会長 兼 CEO 稲葉 善治

講演内容&プロフィール

<講演内容>
ファナックは、ものづくりの課題を解決するSmart Manufacturingの実現を目指している。その構成要素として知能ロボット、協働ロボットおよびIoT、AIのオープンプラットフォームであるFIELD systemを紹介するとともに、いくつかの実例について解説する。

<プロフィール>
1948年生まれ。東京工業大学工学部機械工学科卒業後、同年いすゞ自動車(株)入社。同社にて生産技術に携わり、1983年ファナック(株)入社。1999年電動サーボ式射出成形機に関する研究で、東京大学工学博士号取得。
2003年より同社の代表取締役社長、2016年より代表取締役会長を務め、同社の経営を担う。
CNC工作機械、産業用ロボット、知能ロボットなどの先導的研究開発を牽引し、我が国、および世界の「ものづくり基盤技術」の維持発展に大きく貢献している。
又、日本ロボット工業会会長を3期、日本工作機械工業会副会長として現在までの13年間、業界の発展にも貢献している。

ROBO-S4 2019年1月18日(金) 14:30  -  16:00

AI・ロボティクスが社会にもたらす変革

  • 同時通訳付:日/英

サービスロボットがもたらす価値と、効果を高める使い方

(株)マクニカ 未来事業創造室 主査 金澤 友和

講演内容&プロフィール

<講演内容>
デリバリー、清掃ロボットのラインナップを例に、サービスロボットがもたらす価値と、導入効果をさらに高めるための利用方法について、ご案内する。

<プロフィール>
大学卒業後、半導体とネットワーク、サイバーセキュリティの技術商社であるマクニカに入社。
海外ベンチャー企業とのパートナーシップによる、通信事業者のモバイルコアネットワーク設備の刷新や、パーソナライズサービス提供システムの導入プロジェクトを手がける。
その後、新規事業開発に携わり、現在は、「人々がサービスロボットを活用することで、より快適で楽しく仕事ができる、そんな世の中に貢献したい」という思いで、サービスロボット事業の立上げを推進。

専門セッション 事前申込制

ROBO-1 2019年1月16日(水) 13:30  -  15:00

ロボット開発最前線と部材サプライヤーへの期待

人協働ロボット「COBOTTA」の開発と他社コラボレーションが生み出す可能性

(株)デンソーウェーブ FA・ロボット事業部 技術部 製品企画室 室長 澤田 洋祐

講演内容&プロフィール

<講演内容>
デスクにも置ける小型軽量の人協働ロボット「COBOTTA」。その開発背景や特徴を話すとともに、「人工知能」を組み合わせることで可能になった、新しい用途での適用例、様々な他社機器と接続し、統合的に制御する活用例、今後の展開について紹介する。

<プロフィール>
1985年 日本電装(株)(現:(株)デンソー)に入社。
1992年に産業用ロボットの事業化に加わり、開発、営業、技術サポートを行う。
2004年からはデンソーロボットの欧州拡販体制構築の為にDENSO EUROPE B.V.(ドイツ)へ7年間出向。
その後、2011年より(株)デンソーウェーブ 製品企画室にて新製品企画を担当し、現在に至る。

安川電機の次世代ロボット開発と求める部材とは

(株)安川電機 開発研究所 次世代ロボット開発部 部長 松浦 英典

講演内容&プロフィール

<講演内容>
安川電機の紹介、さらに、次世代ロボット開発の考え方、それにまつわる必要な部材、機構を紹介する。

<プロフィール>
昭和60年3月国立豊橋技術科学大学卒。同年4月に(株)安川電機製作所(現安川電機)入社。
その後、平成22年9月モーションコントローラ事業部モータ技術部長、平成27年4月ロボット事業部ロボット基幹技術部次長、平成28年9月同部長。さらには、平成30年9月から開発研究所次世代ロボット開発部長にて、現在に至る。

ROBO-2 2019年1月17日(木) 9:30  -  11:00

三品産業で活躍する協働ロボット

「人と共存するヒト型ロボット」NEXTAGEの開発

カワダロボティクス(株) 取締役 技術統括 五十棲 隆勝

講演内容&プロフィール

<講演内容>
カワダが、労働力不足の解決策として「人と一緒に働くヒト型ロボット」をテーマに開発したNEXTAGEを市場に提案してから10年を経た。本講演では、国内の様々な現場で活用されているNEXTAGEの開発および今後の展望について、ご紹介する。

<プロフィール>
1993年川田工業入社。無人ヘリコプター、HRPシリーズのヒューマノイドロボットなどの開発を主導。2013年、ロボットの研究開発・事業開発会社として設立されたカワダロボティクス(株)代表取締役社長を経て、現在は同社の取締役 技術統括として技術開発を牽引している。

資生堂における、協働型ロボットの導入と背景

(株)資生堂 生産技術部 生産基盤強化グループ (兼務) 那須工場設立準備室 生産推進グループ グループマネジャー 小林 毅久

講演内容&プロフィール

<講演内容>
三品業界の一つ、化粧品はお客さまの嗜好の多様化に伴い品種増加が著しい。また、繊細な様々な作業が求められるため、ロボット導入が進んで来なかった。資生堂は化粧品生産に協同型ロボットの導入を図り、着実に展開を進めている。その歴史と着眼点についてご紹介する。

<プロフィール>
1997年 東京理科大学、1999年 横浜国立大学大学院卒業後、P&Gに入社。
その後、仏AirLiquide社を経て、2008年 資生堂入社。入社後は、自働化、IoTといった技術を用いた生産技術開発PJを遂行。昨年より資生堂において国内37年ぶりの新工場となる那須工場設立PJも兼務となり、現在に至る。

ROBO-3 2019年1月17日(木) 9:30  -  11:00

未来型施設・店舗を実現するロボット

未来型施設・店舗を実現するロボット ~清掃ロボット編~

ソフトバンクロボティクス(株) 事業推進本部 事業推進統括部 モビリティ事業推進部 小暮 武男

講演内容&プロフィール

<講演内容>
ソフトバンクロボティクスが手掛ける清掃ロボットが社会にどのような影響を与えていくかを紹介する。実際に導入されている具体例から、その効果や課題、導入においてのポイント、それらをふまえた将来展望を語る。

<プロフィール>
1994年4月 (株)日本ブレーンセンター(現 エンジャパン(株))入社
2002年9月 カウンセリングストリート(株)起業
2012年11月 セールス・オンデマンド(株)(当時 米国アイロボット社 ルンバ日本総代理店)入社
2017年10月 ソフトバンクロボティクス(株)入社
現在に至る

「ネコ型もヒト型も目指さない」 ~警備ロボットSQ2のご紹介~

SEQSENSE(株) 代表取締役 中村 壮一郎

講演内容&プロフィール

<講演内容>
実世界で本当に使えるロボットを作り、日本の衰退を支えることを目指す弊社の中・長期の戦略と警備ロボットSQ2の強みを紹介する。

<プロフィール>
京都大学法学部卒
東京三菱銀行、シティグループ証券、
Citigroup Global Market Inc. (New York)を経て、独立。

ROBO-4 2019年1月18日(金) 13:30  -  15:00

アシストスーツによる働き方改革

装着型ロボットがつくる社会

(株)イノフィス 代表取締役社長 古川 尚史

講演内容&プロフィール

<講演内容>
少子高齢化社会において、様々な人が活躍できる職場環境を整えていくことや年をとっても元気に活動できることが、多くの人にとっての願いや望みとなっているが、そのような願いや望みが様々な装着型ロボットによって、当たり前へと変わっていくことを発表する。

<プロフィール>
(株)イノフィス代表取締役
東京大学工学部学士、東京大学経済系修士課程修了。日本銀行に勤務後、ボストンコンサルティンググループにて経営コンサルティング業務に従事した後に、起業。投資ファンドの設立、バイオベンチャーの役員等を経て、経営共創基盤にて、ターンアラウンドマネージャーとして、企業に常駐し、電機メーカー、機械メーカー、家電メーカー等複数の企業の事業再生やM&Aを実施。その後は、世の中にイノベーションを起こす事業を推進すべく、サンバイオ(株)の執行役員を経て、2017年12月より現職。
書籍「IGPI流経営分析のリアルノウハウ」など執筆。NECライティングの社外取締役も務める。

サイバニクス技術を駆使したロボットスーツHAL®の活用と未来

CYBERDYNE(株) 営業部門部長 兼 サイバーダインスタジオ室長/ 湘南・大分・鈴鹿ロボケアセンター(株) 代表取締役 安永 好宏

講演内容&プロフィール

<講演内容>
CYBERDYNEはサイバニクス技術を活用した革新的サイバニックシステムにより
「重介護ゼロ®社会」「Society5.0」の実現に向けて事業を推進している。サイバニクス技術を駆使した世界初のロボットスーツHAL®の活用例と今後の展望について解説する。

<プロフィール>
タイコヘルスケアジャパンにて財務経理全般を経験後、シックスシグマを手法とした業務改善に携わり、その後内部監査担当としてUSSOx(米国内部監査)の対応に従事。その後、オンセミコンダクターテクノロジーにて財務経理部長兼管理部門責任者として管理部門全体を統括。2008年にTBS『情熱大陸』でロボットスーツHAL(ハル)をみて、老老介護の実現に貢献したくサイバーダイン社に経営管理部長として入社。10年より収益部門を強化するために第2営業部長として営業部門へ異動(総務人事部長兼務)。営業として販売を加速するとともに、つくばでのHAL FIT事業の立ち上げ経験を活かして鈴鹿および大分ロボケアセンターを立ち上げサービス事業としての展開も推進するほか、営業部門の責任者(本部長)としてもHALの普及活動に努めている。

ROBO-5 2019年1月18日(金) 13:30  -  15:00

製造業で活躍する協働ロボット

Collaboration in Japan

ABB(株) ロボティクス&モーション事業本部 ロボティクス事業部 事業部長 中島 秀一郎

講演内容&プロフィール

<講演内容>
ABBは先駆的技術のリーダーとして産業のデジタル化に邁進している。その主要分野のひとつロボティクスでも、総合的ロボットソリューション・プロバイダとして「Factory of the Future」の実現を目指す。本講演では国内での「協働」をテーマに製品活用事例や取り組みをご紹介する。

<プロフィール>
1998年3月、東京大学大学院工学系研究科修了後、ABB(株)に入社。社内改革室、分析計・計装事業を経て、2013年よりロボティクス事業に従事。静岡県島田市のテクニカルセンター(世界市場向けに塗装工程の研究開発および塗装機の研究開発・製造を担うABB施設)のマネージャーを経て、現在は事業部長として、国内ロボティクス事業を統括。日本国内をはじめ、欧州、中国、中近東、北南米での事業を経験し、新規事業の立ち上げや事業の立て直し等を含む幅広い役割を担う。現職では、競争の激しい国内ロボット市場において、ABBロボティクス事業の存在感を増すために日々奮闘中。

協働ロボットを導入する際のヒントと課題

ケミコン長岡(株) 代表取締役 常務 市原 博和

講演内容&プロフィール

<講演内容>
我社がロボット導入を取り組むことになったきっかけや、導入後の課題と解決策を案内する。また、失敗と成功事例を交えながら有効な協働ロボットの導入方法を報告する。

<プロフィール>
1984年3月東海大学卒業 日本ケミコン(株)に入社。
複合商品開発部に所属し、モジュール開発に従事し、実装工法などを開発。
2014年よりケミコン長岡の代表取締役常務を担当し、現在に至る。

出展社による製品・技術セミナー 無料/申込不要

出展社が最新の製品・技術情報をセミナー形式で紹介します。

>> 出展社による製品・技術セミナー一覧はこちら

申込不要:受講を希望される方は直接会場(展示会場内 特別スペース)へお越しください。 講演言語が日本語でない場合、通訳提供がない場合がございます、あらかじめご了承ください

同時開催の関連セッション 事前申込制

WEA-S2 2019年1月18日(金) 9:30  -  11:00
  • 満席
  • 無料

AI・ウェアラブルデバイスが加速させるデジタルトランスフォーメーション

  • 同時通訳付:日/英

Fitbit: Wearables, Data & Health

Fitbit, Inc. Research, Vice President, Shelten Yuen

講演内容&プロフィール

<講演内容>
Fitbitのアルゴリズムとヘルスケア分野への貢献の可能性について話す。

<プロフィール>
Fitbit社リサーチ部門のバイス・プレジデント。Fitbitユーザーに行動の変化を起こし、健康にプラスの効果を出すことを目的とするセンサーと機械学習アルゴリズムに関する最新の研究を統括する。Fitbitの最初の従業員の1人として、以前は実験室環境でのみ利用可能だった技術を、手首に付けるだけで機能できるようにするという、今日の「ウェアラブル」の役割を明確にした業界をリードするテクノロジーの開発を支援してきた。150以上の特許を保有する発明家で、Fitbitへ入社以前は、手術用ロボット、細胞力学、および防衛テクノロジーの研究者であった。ハーバード大学で理工学の博士号を取得。

ウェアラブルデータの適応処理:方法および効果的なアプリケーション

Firstbeat Technologies Oy CEO, Joni Kettunen

講演内容&プロフィール

<講演内容>
本講演では、健康と生産性に影響を及ぼすウェアラブル製品とサービスを作るために必要な要素の概要を紹介する。また、さまざまな観点からウェアラブルデータの高度な処理にフォーカスを当てる。センサーからパーソナライズされたコーチングまで、データ処理のさまざまな段階を説明する。また講演を通して、価値を生み出すためにスマートな方法を使用することの意味、可能性および現在の制約について説明する。スポーツのユースケースから日常的なスマートウォッチの使用や予防医療までさまざまな領域からの例を紹介する。

<プロフィール>
Joni Kettunen博士は、生理学的解析法とその応用の草分けである。ウェアラブル、フィットネス機器、健康サービス、およびプロスポーツの心拍解析領域で最先端を行くFirstbeat社を率いている。今日、Firstbeatの解析法は、何百ものエリートスポーツチーム、何千社の企業、何百万という消費者に能力向上や健康の目的で使用されている。2002年にFirstbeat社を設立する前には、精神生理学、行動医学、自律神経系機能、およびストレス数量化分野の研究を発表した。1999年ヘルシンキ大学で博士号取得。

WEA-2 2019年1月16日(水) 9:30  -  11:00

製造・物流現場で実用化が進むウェアラブル活用の”今”

工場のデジタル化とウェアラブル端末によるデータ利活用

(株)シーイーシー デジタルインダストリービジネスグループ 第一営業部 兼 マーケティング部 部長 松井 裕晃

講演内容&プロフィール

<講演内容>
工場内ではさまざまな設備があり、それらからどのようなデータを収集するか決めることが大切であり、設備、IoTツール、データの持ち方など、多くの検討ポイントがある。技術革新により利用者への情報配信端末としてウェアラブル端末が注目を集めており、具体的な活用方法を事例も交えながら説明する。

<プロフィール>
1997年3月、専修大学法学部卒業。1997年4月、(株)シーイーシー入社。自動車産業システム本部に配属し、工場向けITのビジネスに携わる。2016年4月、インダストリーオートメーションビジネスグループ 第一営業部 部長に就任し現在に至る。
社外活動では、2015年4月、IVI(Industrial ValueChain Initiative)でサポート会員としてWGに参加。2016年4月、IVIのWG「設備と人の見える化による生産性の向上」に参加。

エンタープライズ市場におけるスマートグラスとIoTを利用した成功事例

Vuzix Corp. 東京支店長 藤井 慶一郎

講演内容&プロフィール

<講演内容>
国内ではスマートグラスを利用した遠隔作業支援が普及し始めてきていますが、海外では物流現場での利用が拡大しています。CES 2019で公開する製品ラインナップなどの最新情報も国内でいち早くお知らせいたします。

<プロフィール>
Vuzix Corp. 東京支店設立時より現職。2015年1月に米国ナスダックに上場。
オープンモバイルアライアンスなどでウェアラブル技術の国際標準化にも取り組み、日本国内でもデバイスWebAPIコンソーシアムの技術WGに従事し、スマートグラスの開発・普及に取り組んでいる。

SFE-K 2019年1月16日(水) 13:00  -  14:30

世界の先端工場で進むスマート工場化

  • 同時通訳付:日/英/韓/中

ビッグデータの活用による半導体製造革新

東芝メモリ(株) 四日市工場 副工場長 赤堀 浩史

講演内容&プロフィール

<講演内容>
東芝メモリ(株) 四日市工場では、抜本的な生産性改善を進めるべく、積極的にビッグデータを活用している。講演では、ビッグデータ活用の考え方を説明すると共に、機械学習導入など最新の取り組みについて発表する。

<プロフィール>
1993年(株)東芝入社。以来25年に渡り、先端半導体事業において、ユニットプロセス、プロセスインテグレーション、半導体デバイス、メモリセル信頼性、物理解析、化学分析、検査計測の技術開発に従事。2016年より、四日市工場にてプロセスインテグレーション部門を担当し、全体最適化、歩留改善や生産効率向上の目的で、ビックデータの活用業務に携わる。2018年4月より現職。博士(工学)。

スマート工場の実現によるものづくり競争力の強化

三菱自動車工業(株) 理事 水島製作所長 北尾 光教

講演内容&プロフィール

<講演内容>
自動車産業が直面する課題は、これまで変化に柔軟に対応して来た日本のものづくりが
新たに挑むべき課題である。三菱自動車 水島製作所での課題克服に向けた、IoT活用による品質
・コスト・納期に対する付加価値創出、課題予見性向上・技術伝承の取組みを紹介する。

<プロフィール>
1983年3月、京都大学 工学部冶金学科を卒業。三菱自動車工業(株)に入社。生産技術本部に在籍し、板金樹脂技術に従事。その後、生産技術本部 副本部長を歴任し、その間1998年から約5年間MMNA(Mitsubishi Motors North America, Inc.)、2013年から5年間はMMTh(Mitsubishi Motors Thailand Co., Ltd.)にて取締役副社長 兼 COOとして勤務。2014年、執行役員、2016年、常務執行役員。2018年4月、三菱自動車工業(株)水島製作所長に就任。現在に至る。

SFE-S3 2019年1月17日(木) 15:00  -  17:00

スマート化で物流の未来はどう変わるか?

  • 同時通訳付:日/英

スマート物流に向けたトヨタL&Fの取り組み

(株)豊田自動織機 常務役員 トヨタL&Fカンパニー TMHG R&Dセンター センター長 一条 恒

講演内容&プロフィール

<講演内容>
物流環境が大きく変わりつつある中、スマート物流に向けトヨタL&Fが海外パートナー(Vanderlande、Bastian)と共に取り組んでいる最新技術を用いた「物流機器のロボット化/知能化」、さらにそれらが「つながる」ことで実現する物流ソリューションについて紹介する。

<プロフィール>
1987年3月、北海道大学卒業。(株)豊田自動織機製作所入社。
主に燃料電池など産業車両の先行開発に従事。
2007年 トヨタL&Fカンパニー機能開発センター長、2014年 技術・開発本部開発第二部長を経て、2016年常務役員就任。 
トヨタマテリアルハンドリンググループ CTOとして、産業車両部門のグローバルR&Dを担当。

Intelligent Logisticsが導く物流の未来

GROUND(株) 共同設立者/代表取締役社長 CEO 宮田 啓友

講演内容&プロフィール

<講演内容>
Eコマース市場の急速な成長により、この10年で世界の流通モデルは激変した。この変革に、スピード配送やロングテール商品の取り扱いといった従来の物流オペレーションで対応することは難しく、ロボットやAIといった新しいテクノロジーを活用して対応することが求められる。本講演では、北米を中心とした海外の流通業界におけるメガプレイヤーの物流領域における最新動向から、装置産業型に突き進む物流においてどのように立ち向かって行くべきかなどについて解説する。

<プロフィール>
上智大学法学部卒。1996年に(株)三和銀行入行。2000年デロイトトーマツコンサルティング(現:アビームコンサルティング)へ入社し、大手流通業を中心にロジスティクス・サプライチェーン改革のプロジェクトに従事する。2004年にはアスクル(株)へ入社し、ロジスティクス部門長として日本国内の物流センター運営を行う。また、2007年に楽天(株)へ入社してからは、物流事業長への就任の後、2010年に楽天物流(株)の代表取締役社長や楽天(株)執行役員物流事業長などを歴任する。2015年4月に GROUND (株)を設立し、代表取締役社長へ就任し、現在に至る。

NECのサプライチェーン改革とデジタルトランスフォーメーションで実現するロジスティクス革新

日本電気(株) 執行役員 松下 裕

講演内容&プロフィール

<講演内容>
NECは製造業としてものづくりと物流を一体として捉えたサプライチェーン改革を実践。その経験と最新のテクノロジーを組み合わせた「デジタルトランスフォーメーションによるロジスティクス革新」について、事例を交えて紹介する。

<プロフィール>
製造業向けソリューション事業の拡大を進めるなかで、日本の製造業のコラボレーション基盤となる
「NEC ものづくり共創プログラム」を2012年に立ち上げる。2015年に「NEC Industrial IoT」を、更に2018年にデジタルトランスフォーメーションが変えるものづくりの未来「NEC DX Factory」を発表。2014年より執行役員(現職)。

SFE-1 2019年1月16日(水) 9:30  -  11:00

中小企業のものづくりを変えた、IoT/AIによる工場革新!

  • 同時通訳付:日/英

地方の中小企業IBUKIのIoT/AIへの挑戦
~成功と失敗そして気づき~

(株)IBUKI 代表取締役社長/ (株)O2 代表取締役 CEO 松本 晋一

講演内容&プロフィール

<講演内容>
「IoTとAIは相性が良い」と今だから言える。開始当初は暗中模索。エクセルマクロも覚束無い。お金も時間もない。だが、現在、IBUKIではIoT/AIは第3世代に突入。ものづくり大賞も入賞。中小企業の挑戦の軌跡を通じ新事業開始のマネジメント心得やIoT/AI導入勘所など失敗より得た気づきを広く伝える。

<プロフィール>
大手化学メーカー、外資系ITベンダーのディレクター、コンサルティングファームのディレクターなどを経て2004年3月に(株)O2を設立。コンサルティング企業が製造部門を保有する新しい形を創造し、2014年9月に(株)IBUKI参画、代表取締役就任。新時代の“伝統のあり方”を創る AI 企業として、2016年10月O2グループ内に(株)LIGHTz設立。

IoT・AI技術利用による「遠隔地塗装工場の管理技法と塗装熟練技術の伝承方法」

(株)ヒバラコーポレーション 代表取締役社長/ (株)ODS 代表取締役 小田倉 久視

講演内容&プロフィール

<講演内容>
IoT・AIを活用した遠隔地塗装工場の管理技法や塗装技能工の伝承システムetc.の実例紹介。
塗装工場では高齢化や人材不足から技術伝承難時代に入り、塗装工場(社内・国内外注・海外ローカル)の塗装標準化品質の維持管理に危機感を感じているメーカーも少なくない。その打開策を実例を交えてご紹介する。

<プロフィール>
1988年 中央大学卒業
2014年 MOT取得
2018年 茨城大学大学院理工学研究科博士課程 量子線科学専攻
現在 (株)ヒバラコーポレーション 代表取締役・(株)ODS 代表取締役
大手製造メーカーでシステム・エンジニアを経て、1990年(株)ヒバラコーポレーションに専務取締役として入社(当時(有)ヒバラ工業)、ヒバラをマザー工場とし、塗装工場支援システムの企画設計開発を開始。
2000年(株)ODS設立(ソフトウエア設計開発販売。現在IoT・AI技術活用による塗装工場支援システムを運用)。塗装工場運営のための各種ソフトウエアを企画開発・実証し、クラウドを活用した遠隔塗装工場の運営サポートやビジネスモデルの構築・運営を手掛ける。

NEPCON-S3 2019年1月17日(木) 12:30  -  14:00

躍進する世界半導体市場!注目企業が次世代の半導体ビジネスを語る

  • 同時通訳付:日/英

ザイリンクス アダプティブ オートモーティブ ソリューションで
より安全でインテリジェンスな世界を構築

Xilinx, Inc. Automotive Strategy & Market Development, Director, Daniel Isaacs

講演内容&プロフィール

<講演内容>
ザイリンクスの Adaptable テクノロジは、インテリジェントなオートモーティブおよび輸送システムの次の波を推進する最前線にある。 このプレゼンテーションでは、量産ADASシステムおよび自動運転 (AD) プラットフォームに例示されているような、特定のアプリケーションによるザイリンクスの Adaptable テクノロジの利点について説明する。

<プロフィール>
米国ザイリンクス社の自動車事業ユニットの自動車戦略担当ディレクター。Industrial Internet Consortium の代表者で、かつ Automotive Task Group の共同議長。Ford、NEC、LSI Logic、Hughes を含む自動車および航空宇宙/防衛企業で25年以上の経験を持ち、その間、ソフトウェアデザイン、FPGA設計エンジニア、システムエンジニアとシステム検証、アプリケーション、その他の技術関連管理の職を歴任。 Cal State University でComputer Engineering-Electronic Engineering の学位を取得し、Arizona State University では地球物理学の学位を取得。

3D NANDテクノロジーが実現する未来

ウエスタンデジタル コーポレーション エンベデッドソリューションズ プロダクトマーケティング シニアディレクター オデッド サギ―

講演内容&プロフィール

<講演内容>
自動車システムのアーキテクチャの変化に伴い、新しいアプリケーションやサブシステムが高い信頼性とパフォーマンス、大容量のストレージソリューションを必要としている。
本講演ではウエスタンデジタルのTLC 3D NANDフラッシュメモリーが高度に進化を遂げ続ける車載向け製品の実現にどのように貢献するのかを説明する。

<プロフィール>
オデッド・サギーは、ウエスタンデジタルにおいて、自動車、産業機器、コネクテッドホーム、モバイルおよび組み込みコンピュータ市場向けのエンベデッドソリューションを統括するシニアディレクターである。
さまざまなマーケティング、セールス、テクノロジーの分野で20年以上のハイテク経験と多様な経歴を持ち、現在、自動運転、IoT、AR/VR、スマートシティなどの成長市場に注力した製品開発と展開、およびGTM戦略の責任を担っている。
オデッド・サギーは、ヘブライ大学にて法学を専攻し、LLB(Bachelor of Laws)を所得。また、ロンドンビジネススクールにてMBAを取得している。

<同時開催展 セミナー>