CC-K
2040年の地域包括ケアシステムのビジョン
2月20日(水) 10:30 - 12:00

地域包括ケアシステムのこれまでとこれから

埼玉県立大学 理事長 田中 滋 田中 滋 理事長 埼玉県立大学

[講演内容]

[Abstract]

地域包括ケアシステムは、当初は「要介護者のための、日常生活圏域における切れ目のない連続的かつ包括的な支援」の検討から始まった。今では、医療介護連携だけでなく、社会福祉機能なども含め、多職種協働の推進が広く目指されている。

[講演者プロフィール]

[Profile]

専門は医療経済学、医療政策、高齢者ケア政策、地域包括ケアシステム論。1993年から2014年の定年退職まで慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授。その後、同研究科に設けられたヘルスケアマネジメント・イノベーション寄附講座を拠点に名誉教授として教育・研究に従事。2018年4月 埼玉県立大学理事長に就任。現在務める主な公職は、社会保障審議会委員(介護給付費分科会長・福祉部会長・医療部会長代理)、医療介護総合確保促進会議議長、協会けんぽ運営委員長、地域包括ケア研究会座長など。学会については、日本介護経営学会会長、日本ヘルスサポート学会理事長、日本ケアマネジメント学会理事、医療経済学会理事。

介護保険の課題と地域包括ケアシステムのビジョン

(公社)大阪介護老人保健施設協会 会長 川合 秀治 川合 秀治 会長 (公社)大阪介護老人保健施設協会

[講演内容]

[Abstract]

近日公開

[講演者プロフィール]

[Profile]

平成19年~23年 全国老人保健施設協会会長を務め、その後4年間、被災地岩手にて訪問診療にチャレンジ。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top