CC-S3
「薬局」×「在宅」で医療と介護が変わる!薬局に求められることとは?
2月22日(金) 10:30 - 12:00

地域包括ケアの目指すもの
~多職種協働連携チームアプローチについて~

(一社)青森県薬剤師会 会長 木村 隆次 木村 隆次 会長 (一社)青森県薬剤師会

[講演内容]

[Abstract]

地域包括ケアシステム構築のエンジンである「地域ケア会議」について解説する。その中での薬局薬剤師の役割を解説。介護保険法地域支援事業包括的支援事業においての在宅医療介護連携推進事業、認知症施策推進事業での薬局薬剤師の役割の解説。

[講演者プロフィール]

[Profile]

昭和57年3月、城西大学薬学部卒業。同4月杏林薬品入社。平成2年ハロー薬局開設。平成12年4月より平成25年2月日本薬剤師会常務理事。平成17年11月より平成25年6月日本介護支援専門員協会会長。平成22年4月より青森県薬剤師会会長現在に至る。

薬局が変われば介護施設が変わる
〜一気通貫の薬物治療支援とは〜

(一社)日本在宅薬学会 理事長 / ファルメディコ(株) 代表取締役 狹間 研至 狹間 研至 理事長 / (一社)日本在宅薬学会 代表取締役 ファルメディコ(株)

[講演内容]

[Abstract]

地域包括ケアシステム実現には、介護施設での薬物治療の質的向上が欠かせない。入居者様が自分に最適な薬を的確に服用できる仕組みを、施設職員の負担を増やさずに実現するには、薬局・薬剤師の主体的な介入が欠かせない。医師・薬局経営者の観点からそのポイントを解説する。

[講演者プロフィール]

[Profile]

狭間研至(はざま けんじ)昭和44 年大阪生まれ。
平成7年大阪大学医学部卒業後、大阪大学医学部付属病院、大阪府立病院(現大阪急性期・総合医療センター)、宝塚市立病院で外科・呼吸器外科診療に従事。平成12年大阪大学大学院医学系研究科臓器制御外科にて異種移植をテーマとした研究および臨床業務に携わる。平成16年同修了後、現職。
医師、医学博士、(一社)日本外科学会 認定登録医。
現在は、地域医療の現場で医師として診療も行うとともに、(一社)薬剤師あゆみの会・(一社)日本在宅薬学会の理事長として薬剤師生涯教育や薬学教育にも携わっている。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top