CC-S4
市町村・事業者は何をすべきか?地域包括ケアの課題
2月22日(金) 13:00 - 14:30

地域包括ケアシステムの構築に向けた市町村・事業者に対する期待(仮)

内閣官房 健康・医療戦略室 参事官(元 桑名市副市長) 田中 謙一 田中 謙一 参事官(元 桑名市副市長) 内閣官房 健康・医療戦略室

[講演内容]

[Abstract]

元桑名市副市長としての現場での経験に基づき、地域包括ケアシステムの構築に向けた市町村・事業者に対する期待を示す。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1994年4月に旧厚生省(現厚生労働省)に入省。その後、外務省在ドイツ日本国大使館一等書記官(厚生担当)、社会保険診療報酬支払基金本部経営企画部長、桑名市副市長等を歴任し、2018年7月より現職。

大阪府における地域包括ケアシステムの現状と課題

大阪府 福祉部高齢介護室 介護支援課 課長 黒田 啓太 黒田 啓太 課長 福祉部高齢介護室 介護支援課 大阪府

[講演内容]

[Abstract]

大阪府においては、今後、75歳以上高齢者や単身高齢者が急増する都市型高齢化の進展が見込まれており、医療・介護需要も急増していく見込み。大阪府のおかれている現状と課題を明らかにし、地域包括ケアシステムの深化・推進のための今後の取組みについて説明する。

[講演者プロフィール]

[Profile]

平成13年3月、慶応義塾大学経済学部卒業。同年4月、厚生労働省に入省以来、職業安定局、社会・援護局、医政局、職業能力開発局、労働基準局、大臣官房総務課、大臣官房会計課など、要職を歴任。
2018(平成30)年4月より大阪府福祉部高齢介護室介護支援課長。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top