HBP-3
病院施設の価値を維持する建物マネジメント
2月21日(木) 10:30 - 12:00

病院マネジメントと病院建築

千葉大学大学院 工学研究科 教授 / (一社)日本医療福祉建築協会 会長 中山 茂樹 中山 茂樹 教授 / 工学研究科 千葉大学大学院 会長 (一社)日本医療福祉建築協会

[講演内容]

[Abstract]

地域医療を担い、地域の要求に応えるには健全な病院マネジメントが必要である。その一環として、病院建築は提供する医療内容とレベルに応える最良の性能を保持していなければならない。このバランスをどのように考えるか。あるいはどこにその根拠を見出すか、検討したい。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1980年 千葉大学大学院工学研究科修了
1980年 千葉大学助手工学部
1990年 工学博士(東北大学)
1994年 千葉大学助教授工学部
2000-2001年 ルーバン大学(ベルギー)訪問研究員(文部省在外研究員)
2006年 千葉大学教授大学院工学研究科
【学協会】
日本建築学会(医療施設小委員会元主査)、日本医療福祉建築協会(会長)、日本医療病院管理学会(評議員、研究委員会委員)、日本医療福祉設備協会(副会長、理事)、日本医業経営コンサルタント協会(国際委員会委員、認定審査委員)、日本精神科救急学会(評議員)、癒しの環境研究会(理事)、国立大学病院資産プロジェクト委員会委員

聖路加国際病院の25年とこれから

聖路加国際大学 管財課 顧問 小室 克夫 小室 克夫 顧問 管財課 聖路加国際大学

[講演内容]

[Abstract]

聖路加国際病院におけるFMの特徴は、過去の建物も余すところなく有効活用し、成長と変化を続けている点にある。以前から所有していた3つの街区に特定街区制度を活用して、再開発計画を完成させた。その後は、診療報酬改定・成長・ニ-ズなどに対応しつつ、今日に至っている。講演では、これらの事を具体的にお話したい。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1975年千葉大学工学部卒業。その後千葉大学工学研究科、筑波大学芸術学研究科を経て、1984年聖路加国際病院新病院建設本部に勤務し、聖路加再開発計画に発注者側の立場で従事。1996年聖路加国際病院施設管理課課長、現在同管財課顧問。  学会:日本医療福祉設備協会理事、2015年同学会学会長。日本医療機器学会編集委員。著書(訳書):「現代建築写真シリ-ズ・病院」「病院建築の新たな挑戦」「ヨ-ロッパの温泉保養地」他

(敬称略)

(Honorifics omitted)

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top