HBP-6
働き方改革② 実践! 病院での改革事例
2月22日(金) 13:00 - 14:30

働き方改革と経営戦略の両立
~看護部をモデルとして~

(医)明和会医療福祉センター 法人本部 人事主幹 竹中 君夫 竹中 君夫 人事主幹 法人本部 (医)明和会医療福祉センター

[講演内容]

[Abstract]

私が在籍する法人の勤務管理システムは、均等・両立推進企業表彰 厚生労働大臣優良賞(2016年度、医療機関として全国初)を始めとして、各方面から高い評価を得てきた。ただ、ナースが育児・介護等により仕事の制約を受けやすいという深刻な課題は、当法人にも存在する。経営戦略として全力で取り組む必要がある。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1988年 広島大学文学部卒業、(株)日立情報ネットワーク
1996年~ 社会医療法人 明和会医療福祉センター
2012~2015年 日本看護協会 地域へのWLB普及推進委員
2015年 厚労省短時間正社員制度導入支援検討委員会委員
2017年 日本看護協会 看護職員の多様なキャリアと働き方モデル検討委員会委員
2018年 日本看護協会 多様なキャリア支援検討ワーキンググループ委員
●2016年2月~月刊「看護」で『看護管理者が元気になる! 看護と人事の協働で実現するWLB』を連載
●2018/ 8 ナースが元気になる人事管理~WLB成功メソッド18~ (日本看護協会出版会)刊行

病院における働き方改革
~効率的・効果的に改革をすすめるコツ~

ハイズ(株) 代表取締役社長 / 慶應義塾大学 特任教授 裵 英洙 裵 英洙 代表取締役社長 / ハイズ(株) 特任教授 慶應義塾大学

[講演内容]

[Abstract]

医師の過重労働や過労死が問題になっており、現在「医師の働き方改革」が医療界の中で大きな話題となっています。今回は、医師の過重労働のデータ、地域や診療科における医師偏在や女性医師の増加等マクロ的な経営環境をベースに、医師の働き方改革に対する方向性を示したいと思います。また、具体的な労務環境の改善事例をまじえながら、病院での働き方改革では外せない3つのポイントをお伝えします。

[講演者プロフィール]

[Profile]

裵 英洙(はいえいしゅ)MD, Ph.D, MBA
ハイズ株式会社代表取締役社長
慶應義塾大学特任教授、高知大学医学部客員教授、横浜市立大学医学部客員教授
奈良県出身。1998年医師免許取得後、金沢大学第一外科(現:先進総合外科)に入局、外科医として勤務。金沢大学大学院にて外科病理学を専攻。病理専門医を取得し、臨床病理医として活躍。勤務医時代に病院のマネジメントの必要性を痛感し、慶應義塾大学院経営管理研究科(慶應ビジネススクール)入学。首席で修了しMBA(経営学修士)を取得。現在は、各地の病院経営の経営アドバイザー、ヘルスケアビジネスのコンサルティングを行っている。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top