IT-6
医療安全に資する病院情報システムとは?
2月21日(木) 15:30 - 17:00

医療安全に資する病院情報システムの構築

筑波大学 医学医療系 教授 / 筑波大学附属病院 医療情報経営戦略部長 大原 信 大原 信 教授 / 医学医療系 筑波大学 医療情報経営戦略部長 筑波大学附属病院

[講演内容]

[Abstract]

病院情報システム構築において、医療安全の視点からの重要な点は、独自のカスタマイズを極力抑え標準的なシステム構築を目指すこと、および、ヒューマンエラーを回避する機能を付加し構築することの2点であろう。これらについて、これまでの経験を中心にお話したい。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1985年3月、慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部消化器内科を経て、国立成育医療研究センター病院の「電子カルテ」導入に従事し、同院の初代医療情報室長。2005年に筑波大学に異動し、附属病院情報システムの開発・管理運営を担当、2010年より医学医療系臨床医学域教授、現在に至る。

電子カルテが医療安全に貢献するために

大阪大学大学院 医学系研究科 医療情報学 准教授 / 大阪大学医学部附属病院 医療情報部 副部長 武田 理宏 武田 理宏 准教授 / 医学系研究科 医療情報学 大阪大学大学院 副部長 医療情報部 大阪大学医学部附属病院

[講演内容]

[Abstract]

本セミナーでは、医療者間のコミュニケーション支援、放射線レポートの重要所見の見落とし防止や、化学療法時のB型肝炎再活性化の防止に向けたアラート通知など、大阪大学医学部附属病院で行う電子カルテを用いた医療安全支援を概説する。

[講演者プロフィール]

[Profile]

平成9年大阪大学医学部を卒業し、平成18年同大学院博士課程を修了。平成20年より大阪大学医学部附属病院医療情報部に所属し、以降2回の電子カルテ更新に関わる。現、准教授。循環器内科専門医、総合内科専門医、社会医学系指導医及び専門医の資格を有する。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top