IT-S1
次世代の医療基盤技術を考える ~デジタルプラットフォームと高速演算処理機能~
2月21日(木) 13:00 - 14:30

デジタルプラットフォームによる新たな価値創造システムの実現

(株)フィリップス・ジャパン 代表取締役社長 堤 浩幸 堤 浩幸 代表取締役社長 (株)フィリップス・ジャパン

[講演内容]

[Abstract]

近日公開

[講演者プロフィール]

[Profile]

堤 浩幸はIT事業に30年以上携わっており、主に日本、欧米、アジア企業においてグローバルなマネジメント経験を有しています。またB2B、B2C、B2B2C の全ての事業モデルのオペレーションをリード し、IoTに向けてのプラットフォームと新事業の創造に力を注いでいます。
2017年3月にフィリップス・ジャパン代表取締役社長、フィリップス・レスピロニクスの職務執行者社長に就任し、デジタル化が進む医療環境にイノベーションを創造し、ヘルスケア領域における多角的なソリューションプロバイダーとしてのフィリップス・ジャパンを牽引しています。
IoTの推進、教育にも熱心に取り組んでおり、各サミットやフォーラムのゲストスピーカーや大学の外部講師に招かれています。
慶応義塾大学理工学部卒、米国スタンフォード大学 ビジネススクールのスタンフォード エグゼクティブ プログラムを修了しています。

医療・ヘルスケア分野のGPUディープラーニングAI事例と将来像

エヌビディア合同会社 エンタープライズ事業部 シニアマネージャー ヘルスケア・ライフサイエンス開発支援責任者 兼AIスタートアップ支援責任者 山田 泰永 山田 泰永 シニアマネージャー ヘルスケア・ライフサイエンス開発支援責任者 兼AIスタートアップ支援責任者 エンタープライズ事業部 エヌビディア合同会社

[講演内容]

[Abstract]

ディープラーニングAI環境で業界標準となっているNVIDIAが考えるヘルスケア分野のAI最新状況と将来への期待。医用画像、ゲノム医科学、再生医療、創薬、ライフサイエンス、デジタルヘルスまで具体的なユースケースを交えてご紹介します。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1998年より半導体企業にて事業開発、プロジェクトマネジメントに従事。2004年にエヌビディア合同会社に入社、PC/ワークステーション向けGPUの事業開発に従事。2015年よりディープラーニングAIを映像監視や組み込み領域に応用する事業開発を担当。2016年よりヘルスケア・ライフサイエンス領域の事業開発、およびスタートアップ企業支援・連携を担当。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top