MJ-S1
どう守る?国民皆保険
2月20日(水) 14:30 - 16:30

社会保障と財政

財務省 主計局次長 宇波 弘貴 宇波 弘貴 主計局次長 財務省

[講演内容]

[Abstract]

・急速な少子高齢化の中での財政と社会保障制度の持続可能性をめぐる課題、
・社会保障制度改革の方向性

[講演者プロフィール]

[Profile]

1989年 東京大学経済学部卒、1993年 MIT経営大学院経営学修士(MBA)。
1989年旧大蔵省入省、伊勢税務署長、旧厚生省出向(児童家庭局、保険局)、主計局総務課補佐、主計局主計官補佐(年金、医療、外務経済協力担当を歴任)、在フランス日本国大使館財務参事官、内閣参事官(社会保障・税一体改革担当)・主税局総務課企画官、主税局調査課長、2011年~内閣官房長官秘書官(野田内閣)、2013年~主計局主計官(経済産業、環境、司法警察担当)、2014年~主計局主計官(厚生労働担当)、2016年~大臣官房総合政策課長などを経て、2018年より現職。

超高齢社会への対応
~社会保障制度改革の視点~

経済産業省 商務・サービスグループ 政策統括調整官 / 厚生労働省 医政局 統括調整官 / 内閣官房 健康・医療戦略室 次長 江崎 禎英 江崎 禎英 政策統括調整官 / 商務・サービスグループ 経済産業省 内閣官房 健康・医療戦略室 次長 医政局 統括調整官 / 厚生労働省

[講演内容]

[Abstract]

近日公開

[講演者プロフィール]

[Profile]

1964年岐阜県生まれ。89年に東京大学教養学部教養学科国際関係論分科を卒業し、通商産業省(現・経済産業省)入省。通商、金融、IT政策のほか、大蔵省(現在の財務省、金融庁)で金融制度改革、内閣官房で個人情報保護法の立案に携わり、EU(欧州委員会)に勤務。その後、ものづくり政策、外国人労働者問題、エネルギー政策を担当し、岐阜県への出向を経て2012年から健康医療分野に携わり、2017年から現職。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top