MJ-S2
世界標準! IoTとAIが可能にする医療革命
2月21日(木) 10:30 - 12:00

医療の未来
~ヘルスケア4.0とその向こう・・・~

Siemens Healthineers(シーメンスヘルスケア) Asia-Pacific Region President Elisabeth Staudinger Elisabeth Staudinger President Asia-Pacific Region Siemens Healthineers(シーメンスヘルスケア)

[講演内容]

[Abstract]

人工知能(AI)をはじめとするデジタル化が医療のあり方を変える「ヘルスケア4.0」。
この変革期において、プレシジョン・メディシンの拡充、医療サービス提供の変革、ペイシェント・エクスペリエンスの向上、といった価値の向上がもたらす未来の医療を予見する。

[講演者プロフィール]

[Profile]

ウィーン経済大学を卒業後、1998年にシーメンスへ入社。購買&ロジスティックス部門、イメージング&セラピー部門において要職を歴任後、2013年にはASEAN地域のヴァイス・プレジデントに就任。2015年からアジアパシフィック地域のプレジデントとなり現在に至る。

AIは臨床現場に何をもたらすのか?

(医)沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院 放射線診断科 縄田 晋太郎 縄田 晋太郎 放射線診断科 (医)沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院

[講演内容]

[Abstract]

医療を大きく変える可能性を秘めた人工知能(AI)。診断精度の向上や生産性向上はもちろんの事、医師の働き方にも大きな影響を及ぼすことが考えられる。現場の放射線医の目を通して今後の展開を、最新の事例を踏まえながら考察する。

[講演者プロフィール]

[Profile]

2012年に弘前大学医学部を卒業後、初期研修を経て2014年に横浜市立大学附属病院放射線科に入職。2017年に日本医学放射線学会放射線科専門医の資格を取得し、翌2018年に横浜市立大学大学院医学研究科博士課程を修了し博士号(医学)を取得。その後、湘南鎌倉総合病院放射線診断科に活躍の場を移し、現在に至る。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top