NS-K
政府が描く、介護保険&保険外サービスの展望
2月20日(水) 10:30 - 12:00

介護保険の将来展望

厚生労働省 老健局 老人保健課長 眞鍋 馨 眞鍋 馨 老人保健課長 老健局 厚生労働省

[講演内容]

[Abstract]

今後迎える多死社会に向けて、介護保険制度を継続可能なものとしていく必要がある。2013年の社会保障と税の一体改革以降、様々な制度改正、報酬改定が医療分野と一体的に行われている。講演では、こうした一連の経過を概説し、今後の展望について触れる。

[講演者プロフィール]

[Profile]

平成7年 東北大学医学部卒業
平成7年 厚生省(当時)入省
平成11年 厚生省介護保険制度施行準備室介護報酬係長
平成14年 ロンドン大学留学
平成17年 厚生労働省保険局医療課課長補佐
平成21年 厚生労働省大臣官房厚生科学課主任科学技術調整官
平成24年 長野県健康福祉部長
平成27年 厚生労働省保険局医療課企画官
平成29年 文部科学省高等教育局医学教育課企画官
平成30年 厚生労働省老健局老人保健課長
この間他に臓器移植対策室、環境省石綿健康被害対策室等に勤務

生涯現役社会の実現に向けて(仮)

経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課長 西川 和見 西川 和見 ヘルスケア産業課長 商務・サービスグループ 経済産業省

[講演内容]

[Abstract]

近日公開

[講演者プロフィール]

[Profile]

1996年通商産業省入省。米国留学(ノースウェスタン、ジョージタウンロースクール、NY州弁護士)、防衛庁防衛政策課(日米防衛協力)、通商機構部(WTOドーハラウンド交渉)、中小企業庁金融課(リーマンショック対策)等を経て、大臣官房政策企画委員として総合調整、東日本大震災対策等を実施。産業政策局政策企画官として日本再興戦略の立ち上げに関与後、アジア担当の産業調査員としてシンガポールに赴任し、アジアの経済統合を担当。帰国後、通商戦略の立案、産業政策のグローバル化を担当したのち、平成29年7月にヘルスケア産業課長に就任(現職)。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top