NS-S1
巨大介護企業 成功の経営哲学
2月20日(水) 15:30 - 17:00

時間差経営
~都内最小救急病院からのスタート~

湖山医療福祉グループ 代表 湖山 泰成 湖山 泰成 代表 湖山医療福祉グループ

[講演内容]

[Abstract]

現在では全国に31法人・職員約12,000名を擁する当グループだが、始まりは東京・銀座の救急病院(77床)であった。救急医療から慢性疾患医療、そして介護へ。銀座から地方へ、そして都市部へ。社会の流れ、地域に逆らわない事業展開を紹介する。

[講演者プロフィール]

[Profile]

1955年東京都生まれ。独協大学法学部卒業後、三井信託銀行勤務を経て、父・聖道氏が院長を務める銀座菊池病院役員として経営を再建。
経営再建後、「自らが受けたいと思う医療と介護の創造」を理念として、全国各地で病院、診療所、高齢者介護・福祉施設、保育園等を展開。現在、31法人・職員約12,000名を擁する湖山医療福祉グループの代表を務める。

学研グループが展開する医療福祉事業戦略
~学研版地域包括ケアの実現に向けて~

(株)学研ココファンホールディングス 代表取締役社長 小早川 仁 小早川 仁 代表取締役社長 (株)学研ココファンホールディングス

[講演内容]

[Abstract]

【学研グループが目指す「学研版地域包括ケア」の実現に向けて】
政府が推進する地域包括ケアの中心に位置付けられる“住まい”。この住まいとして大変重要な役割を担う“サービス付き高齢者向け住宅”を事業の中心に据える学研ココファングループが、「人材の育成」「多世代交流」「まちづくり」をキーワードに、多角化経営のポイントをお伝えする!

[講演者プロフィール]

[Profile]

1990年に株式会社学習研究社(現在の学研ホールディングス)入社。2002年に社内ベンチャーで高齢者向け事業を企画し、ウエルネス事業部副部長を務める。2004年に高齢社会対応の事業会社、株式会社学研ココファンを設立。08年に株式会社学研ココファンホールディングス代表取締役社長に就任(現在に至る)。2014年に株式会社学研ホールディングス取締役就任(現在に至る)。

(敬称略)

(Honorifics omitted)

↑ページの先頭へ戻る↑Return to top