二次電池展 基調講演

BJ-K 次世代電池開発とEV普及がもたらすインパクト
2月28日(木) 10:30 - 12:00
  • 事前申込制
  • 同時通訳付  日/英
コースリーダー: Course Leader:  早稲田大学 逢坂 哲彌 早稲田大学 逢坂 哲彌
サブコースリーダー: Sub Course Leader:  (国研)産業技術総合研究所 小林 弘典 (国研)産業技術総合研究所 小林 弘典

ドイツのバッテリー研究戦略

細胞化学、バッテリーパック、バッテリーシステムといった素材から電池に至るまでのバリューチェーンが発展するには、化学、電気工学、機械工学などの様々な分野における多様なスキルが必要となる。2008年以降ドイツでは、こうした特定のスキルの再構築と強化が行われてきた。本プレゼンテーションでは、電池技術に関するドイツの戦略と目標を検討しながら現在の資金調達の取り組みを取り上げ、プロジェクトでの所見をいくつか選定して説明する。
ドイツ連邦教育研究省(BMBF) Research for Digitalization and Innovation, Deputy Director General, Herbert Zeisel Herbert Zeisel Deputy Director General, Research for Digitalization and Innovation, ドイツ連邦教育研究省(BMBF)
講演者プロフィールSpeaker Profile
フリードリヒアレクサンダー大学エアランゲン(FAU)にて化学工学学位を取得。Institute of Fluid Mechanicsで博士号を取得(1999年)。その後、ドイツ連邦研究技術省(BMFT、ボン)でリサーチマネージャーとして勤務。1994年からユニット長となり、様々な分野(マイクロエレクトロニクス、先端ソフトウェア開発、ITサービス・インターネット技術)を担当。2010年、ナノテクノロジーと新素材の責任者に就任。以降、ドイツの電池研究プログラムに深く関わるようになり、現在は、Research for Digital Transformationの代表およびドイツ連邦教育研究省(BMBF)の副長官を務め、電池研究における責を担う。

車両電動化の将来

自動車は電動化・知能化・情報化等、100年に一度の変革の時代を迎えている。その中で、トヨタは電動車の普及を促進するために、HVをPHV・FCV・EVのような次世代電動車開発に必要な全ての要素技術を含む「コア技術」として開発・展開してきた。そして、2018年にはHV累計1,200万台を達成するまでに至ったが、2050年を視野に入れるとPHV・EV等の本来の電動車導入が急がれる。今回の講演では、HVの展開の歴史とその技術を応用した次世代電動車開発の状況、新たな課題に対する取り組みについて紹介する。
トヨタ自動車(株) パワートレーンカンパニー 常務理事 安部 静生 安部 静生 常務理事 パワートレーンカンパニー トヨタ自動車(株)
講演者プロフィールSpeaker Profile
1982年 京都大学燃焼工学研究室卒業。同年トヨタ自動車工業(株)入社。
1998年まで同社東富士研究所にてエンジンの機能部品、冷却系、燃焼に関する研究開発に従事。
1999年より同本社エンジン分野 主査としてガソリン直噴エンジンの開発に従事。
L4&L6のガソリン成層リーンバーンエンジン、ゼロクラウン搭載のV6ガソリン直噴エンジンの直噴システム開発を得てGS350 GS450hに搭載した3.5L V6ガソリンエンジンの開発リーダーを担当。
2006年からHV先行開発部部長、2008年7月よりHVシステム開発統括部部長。HVシステム開発を先行から量産までスルーで担当。
2012年4月より常務理事に就任し、HV技術領域領域長。HVシステム開発統括部部長を兼務。
2017年1月よりパワートレーンカンパニー製品企画/量産開発設計 担当を経て、2018年1月より電動化システム・電池の事業担当として電動化車両の普及を推進中。

※トヨタ自動車(株)の組織改正に伴い講師変更となります。最新情報は追って更新いたします。<2019年1月8日(火)付>

本講演に興味をもたれた方は、こちらの講演もご覧になっています。You may also be interested in the following session(s).

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く、12/29~1/3を除く)