水素・燃料電池展 専門技術セミナー

FC-5 普及拡大に向けた産業用燃料電池システムの最新動向
3月1日(金) 13:00 - 15:00
  • 事前申込制
  • 同時通訳付  日/英

サンゴバンにおける小型産業用途向け全セラミック型SOFCとホットボックス開発状況

サンゴバンではガラス、セラミック材料、及び関連デバイスを幅広く手掛けており、独自のインターコネクト材料とスタック支持設計を用い、耐久性と製造コストに優れた全セラミック型SOFCスタックを開発を行っている。本講演ではホットモジュール開発を中心として最近の進捗を報告する。
Saint Gobain Ceramics & Plastics Inc. プロダクト開発マネージャー 高木 裕登 高木 裕登 プロダクト開発マネージャー Saint Gobain Ceramics & Plastics Inc.
講演者プロフィールSpeaker Profile
1999年3月東京大学大学院修了、2015年に博士(工)。2000年4月に(株)荏原製作所に入社し荏原バラード(株)にて家庭用燃料電池のシステム開発、耐久性、信頼性の検証を手掛ける。2007年3月にソニー(株)入社、先端マテリアル研究所にて直接メタノール型燃料電池、色素増感型太陽電池、薄膜SOFC等のCE機器用次世代エネルギーデバイス開発に従事。2014年4月にSaint-Gobain Ceramics & Plastics Inc.に入社し、現在はSG Research North AmericaのProduct Development Managerとして同社の全セラミック型SOFCの商用化を担当する他、米国エネルギー省ARPA-Eを含めた複数の共同開発プロジェクトを統括する。

セミナー申込みApply

富士電機における業務用燃料電池の開発と今後の展望

富士電機は、1998年に100kWりん酸形燃料電池システムの販売を開始した。また、2017年度までNEDOの支援の下、数十kW級業務用固体酸化物形燃料電池システムの開発を行ってきた。2018年度からは独自で開発を継続している。本講演では、富士電機の長年にわたる燃料電池開発の経緯と今後の展望について述べる。
富士電機(株) 技術開発本部 先端技術研究所 エネルギー技術研究センター 熱エネルギー技術研究部 部長 清田 透 清田 透 部長 技術開発本部 先端技術研究所 エネルギー技術研究センター 熱エネルギー技術研究部 富士電機(株)
講演者プロフィールSpeaker Profile
1988年横浜国立大学大学院物質工学専攻修了。同年、富士電機(株)入社。研究所にてりん酸形燃料電池、固体高分子形燃料電池の主にシステム開発、改質装置開発に従事。現在は、固体酸化物形燃料電池のシステム開発に従事。2015年より現職。

セミナー申込みApply

業務用燃料電池開発状況と水素社会に向けた取組み

東芝燃料電池システムでは、水素社会に向け、産業用・業務用の水素燃料電池の開発に注力している。小型化、低コスト化を達成した最新モデルの100kW機や、多様なアプリケーションに対応可能な数10kW級小型燃料電池モジュールの紹介に加え、東芝グループの水素社会に向けた取組みについて報告する。
東芝燃料電池システム(株) 製品設計部 パッケージ・機器設計担当 グループ長 公野 元貴 公野 元貴 グループ長 製品設計部 パッケージ・機器設計担当 東芝燃料電池システム(株)
講演者プロフィールSpeaker Profile
2000年3月京都大学大学院卒業、(株)東芝に入社。家庭用燃料電池の反応器の設計に従事。
現在、燃料電池システムの開発・製造・販売・保守を手掛ける東芝燃料電池システム(株)にて製品設計部に所属し、パッケージ機器設計を担当。

セミナー申込みApply

本講演に興味をもたれた方は、こちらの講演もご覧になっています。You may also be interested in the following session(s).

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く、12/29~1/3を除く)