水素・燃料電池展 専門技術セミナー

FC-9 水素・燃料電池の市場動向とビジネスチャンス ~注目が集まる「水素」と「中国」~
3月1日(金) 9:30 - 11:30
コースリーダー: Course Leader:  (株)野村総合研究所 風間 智英 (株)野村総合研究所 風間 智英
サブコースリーダー: Sub Course Leader:  (国研)産業技術総合研究所 嘉藤 徹 (国研)産業技術総合研究所 嘉藤 徹

主要分野における燃料電池の現状と展望

富士経済では、燃料電池市場を次の6つの分野に分けて分析している <業務・産業、家庭用、自動車、駆動用、ポータブル・バックアップ、携帯機器>。これらの分野で、燃料電池がどのように利用され、市場形成されているか、また今後の見通しについて概説する。
(株)富士経済 大阪マーケティング本部 第四部 主任 渡辺 啓太 渡辺 啓太 主任 大阪マーケティング本部 第四部 (株)富士経済
講演者プロフィールSpeaker Profile
2000年に環境・エネルギー分野に配属。2002年に燃料電池に関するマーケットレポートの創刊にて、調査・編修担当として参画。電動自動車、住宅設備、バッテリーなどの部門と連携しながら、定期的に市場レポートの発刊を担当。

水素利用の拡大・推進を目指したハイドロジェンカウンシルの最新活動状況の紹介

17年初に13社で発足したハイドロジェンカウンシルは、発足後大幅に賛同会社を増やし、18年9月時点で53社に増加した。新たに中国や電力・航空業界からの参加もあり、真の国際的で産業を超えた活動と成りつつある。“Hydrogen Scaling Up”(低炭素化に向けた数量的な報告書)の発行や関係閣僚会議の共催など活発な取組みを行い今後の社会における水素の役割の重要性についての認識を深めつつある。本講演ではその取組みを紹介する。
トヨタ自動車(株) 先進技術統括部 プロフェッショナルパートナー 広瀬 雄彦 広瀬 雄彦 プロフェッショナルパートナー 先進技術統括部 トヨタ自動車(株)
講演者プロフィールSpeaker Profile
物理学専攻として大学を卒業、その後トヨタにて38年間先進技術開発を担当、その間最初の電子制御エンジンの開発やハイブリッド車、燃料電池車の開発に参画、その後は水素インフラの拡充の議論に参加、ドイツH2MobilityやHydrogen Councilの設営に参画。現在は低炭素社会に向けた水素及び水素エネルギーの推進を担当。

中国における水素と燃料電池に関する研究開発の現状と展望

中国は世界最大のバッテリー電気自動車市場と生産国に成長した後、研究開発の取組みを水素と燃料電池へ移行している。本講演では、中国の戦略と政策の概要を説明し、主要な行事、大規模プロジェクト、および重要な関係者を紹介し、課題と展望を論じる。
清華大学 Dept. of Automotive Engineering Professor Jianbo Zhang Jianbo Zhang Professor Dept. of Automotive Engineering 清華大学
講演者プロフィールSpeaker Profile
2000年、東京大学で空気力学の博士取得。その後、11年間にわたり、日産総合研究所に勤務し、燃料電池とリチウムイオン電池の分野を研究。現在、中国にある清華大学(Tsinghua University)の自動車工学部の教授であり、電気自動車向け電気化学的電源を研究している。

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く、12/29~1/3を除く)