光通信技術展 専門技術セミナー ②

FOE-2 次世代ネットワークを牽引する400G/1Tクラス光トランシーバの技術動向
7月18日(木) 10:30 - 12:30
  • 事前申込制
  • 同時通訳付  日/英
コースリーダー: Course Leader:  富士通オプティカルコンポーネンツ(株) 國兼 達郎 富士通オプティカルコンポーネンツ(株) 國兼 達郎
サブコースリーダー: Sub Course Leader:  アンリツ(株) 石部 和彦 アンリツ(株) 石部 和彦

ハイパースケールデータセンタ向け400G及び400G超級光トランシーバの最新動向

拡大が続くハイパースケールデータセンタ内のIPトラフィックに対応するため、IEEEでは400ギガイーサ及び400ギガイーサ超級向けの次世代イーサネットの規格化に着手している。本講演ではそのような次世代規格化の状況とそれら新規格に準拠する光トランシーバのトレンド及び技術動向について解説する。
CIG Photonics Japan(株) PLM・マーケティング部 担当部長 平本 清久 平本 清久 担当部長 PLM・マーケティング部 CIG Photonics Japan(株)
講演者プロフィール Speaker Profile
1991年3月東北大学院理学研究科卒業、1991年4月日立製作所中央研究所入所。その後日本オプネクスト、日本オクラロを経て、現在はLumentumに所属。光トランシーバーのマーケティングを担当。CFP、PSM4、CWDM4、4WDM等の MSAやIEEE等の標準化会合活動へ参画。現在は主に100Gbps超級の光トランシーバーの製品企画及びマーケティングに従事。

※講師の社名・所属・役職が上記に変更になりました。ご了承ください。[5月14日付]

適用領域を広げるデジタルコヒーレント光トランシーバの最新技術動向

デジタルコヒーレント技術を用いた光トランシーバの小型化・低価格化が進んでおり、従来の大容量・長距離伝送用途からデーターセンタ間伝送など適用領域を拡大している。本講演では、コヒーレントトランシーバの最新技術動向とその適用領域について紹介する。
富士通オプティカルコンポーネンツ(株) オプティカルコンポーネンツ事業部 第三商品部 西原 真人 西原 真人 オプティカルコンポーネンツ事業部 第三商品部 富士通オプティカルコンポーネンツ(株)
講演者プロフィール Speaker Profile
1998年3月、東京大学工学部電気工学科卒業。2000年3月、東京大学大学院工学系研究科電子工学専攻 修士課程修了。同年、(株)富士通研究所に入所。以来、光ファイバ増幅器および超高速光トランシーバの研究開発に従事。2016年4月より現職。現在、デジタルコヒーレント光トランシーバモジュールの開発を担当。

400Gから800G、1.6Tに展開するCOBOトランシーバモジュール

COBO(オンボード光モジュールコンソーシアム)は、オンボード型の光トランシーバー用に新規の技術プラットフォームを提供している。その特長は低電力化、高集積化、かつ400Gから800G、1.6Tまでの超高速データレート化実現に対する高い適用可能性にある。今回のプレゼンテーションでは、AOI (Applied Optoelectronics, INC.)が取り組む COBOトランシーバーモジュールと技術開発を紹介する。
Applied Optoelectronics, Inc. Strategic Marketing & Standards Office, Transceiver Technology, Assistant Vice President, David Chen David Chen Assistant Vice President, Strategic Marketing & Standards Office, Transceiver Technology, Applied Optoelectronics, Inc.
講演者プロフィール Speaker Profile
Applied Optoelectronics, Inc. (AOI)の技術戦略マーケティング担当AVPとして、データセンター用アプリケーションをはじめとするデータ転送アプリケーション機能をもつ次世代トランシーバー製品プロジェクトに向けた先端技術プラットフォームの土台作りに携わっている。光通信の業界で35年以上の経験があり、AOIの入社前には、Multiplex、Emcore、住友、JDSUなどの企業でトランシーバー製品開発プロジェクトに関する研究開発の経営幹部を歴任した。Multiplex社の前には、ペンシルベニア州のアレンタウンとブレイニグスビルにあるAT&TとLucent Bellの研究所に15年間勤務していた。イリノイ州エバンストンのノースウェスタン大学で電気工学の修士号と、台北の輔仁カトリック大学で物理学の学士号を取得。

敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。
都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合、およびテキスト配布の無い講演もございます。
あらかじめご了承ください。

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

For Conference
受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く)