[関西]二次電池展

BJ-6 酸化物系リチウムイオン伝導体を用いた全固体電池の可能性
9月27日(金) 15:15 15:55

酸化物系リチウムイオン伝導体を用いた全固体電池の可能性

次世代蓄電池の候補として、全固体電池が期待されている。本講演では、取扱いの容易さや安全性に優れた酸化物系リチウムイオン伝導体を中心に、期待と課題、内外の開発動向を説明する。
長崎大学 大学院工学研究科 准教授 山田 博俊

※敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。
 都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

◆セミナーに関するお問合せ