[関西]太陽光発電展 基調講演

PV-K 主力電源としての太陽光発電 ~我が国の政策とビジネス展望~
9月25日(水) 14:30 15:50
  • 受講無料/事前申込制

再生可能エネルギー政策の今後の展望

昨年7月、第5次エネルギー基本計画を閣議決定し、再生可能エネルギー基本計画を閣議決定し、再生可能エネルギーの主力電源化を目指すことを明確にした。コストダウンの加速やFITからの自立、系統制約の克服など、主力電源化実現のための様々な課題解決に取り組んでいく。
経済産業省 資源エネルギー庁 新エネルギー課長 山崎 琢矢
講演者プロフィール
1996年、東京大学法学部を卒業、同年通商産業省(現:経済産業省)入省。電力事業制度改革(第2次改革:小売の部分自由化の導入)、ベンチャー企業育成政策、サイバーセキュリティ政策(内閣官房情報セキュリティセンターNISCの創設等)を担当。2006年より米国ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)にて修士号を取得後、同大学院客員研究員として活動。2008年よりインフラ・システム輸出の制度設計等を手掛ける。2012年より東日本大震災を契機に検討が本格化した電力システム改革の制度設計を担当し、電力市場整備等の業務に携わった後、2015年より経済産業大臣秘書官。2016年10月より現職(新エネルギー課長)

ソフトバンクグループのエネルギー事業について

東日本大震災以降のソフトバンクのエネルギー事業への取組みについて説明する。何を考え、何を目指しているのか、ITとエネルギーが融合するどのような事業を構築していくのか、日本以外の海外戦略、国際送電事業構想等について説明する。
SBエナジー(株) 代表取締役社長 三輪 茂基
講演者プロフィール
1991年 三井物産(株)入社、東京・シドニー・ブリスベンに駐在。主に資源・エネルギー開発投資案件に従事。2011年 ソフトバンク(株)入社、経営戦略室長に就任後、2012年 SBエナジー(株)取締役副社長、2013年 Bloom Energy Japan(株)代表取締役社長(兼任)、2014年 公益財団法人 自然エネルギー財団 理事(兼任)、2016年 ソフトバンクグループ(株) CEOプロジェクト室 室長、2017年 SBエナジー(株)代表取締役社長に就任。
早稲田大学卒、豪州国立マッコーリー大学経営大学院財務管理学修士(MFinMgmt)・経営学修士(MBA)、ハーバードビジネススクールGeneral Management Program(GMP)修了。

本講演に興味をもたれた方は、こちらの講演もご覧になっています。 You may also be interested in the following session(s).

※敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。
 都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

◆セミナーに関するお問合せ

受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く)