[関西]太陽光発電展 特別講演③

PV-S3 成長が期待される太陽光発電の応用と事業展開
9月27日(金) 9:30 10:50
  • 受講無料/事前申込制

ポストFITを見据えた水上太陽光発電戦略

水上太陽光発電は環境に優しい事もありポストFITを見据えて大きな可能性を秘めている。2030年1GWを目指し、電力地産地消を目標に、海や湖そしてダムなど新たな大型水面に挑戦する戦略を展望する。
(株)シエル・テール・ジャパン 代表取締役社長 森 一
講演者プロフィール
1980年3月京都大学法学部卒業 国際政治学専攻
同年4月伊藤忠商事(株)エネルギー部門入社、石油製品の輸出入・国内販売に従事、1990年湾岸戦争時の約5年間のドバイ駐在経験は人生の転機に。
2003年より米系Pall Corporation・Power Generation&Water Process日本代表、
GE・Water&Process Tecnologies日本代表、蘭系Norit・日本法人代表、を歴任し、水処理事業に従事、世界の水不足解消に挑戦。2014年4月仏系シエル・テール・ジャパンに入社、12月代表取締役に就任し現在に至る。

メガ・ソーラーシェアへの取組み ~営農型太陽光発電で地域振興~

農地に太陽光の発電設備を設置し、太陽光パネルの下で営農を実施するソーラーシェアリングは昨年一時転用が10年毎更新に変更されて以来更に注目されて来ているモデルである。弊社での取組み事例を交え、その課題、実現のポイントにつきご紹介する。
リニューアブル・ジャパン(株) 執行役員 営業本部副本部長 兼 投資管理部長 原 尚美
講演者プロフィール
1989年(株)日本リースに入社し航空機リース事業等に従事。2001年よりリーマン・ブラザーズにて不動産ローン証券化事業に従事し、マネージングディレクターに就任。2011年に(株)パルコに入社し不動産戦略担当部長就任。2012年に東日本大震災を機に再生可能エネルギーの普及を志し転身し、地域主導のソーラーシェアリング事業、市民発電所設置事業等に従事。2016年にリニューアブル・ジャパンに入社し、ソーラーシェアリング事業、インフラファンド事業等を担当し、現在に至る。

本講演に興味をもたれた方は、こちらの講演もご覧になっています。 You may also be interested in the following session(s).

※敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。
 都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

◆セミナーに関するお問合せ

受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く)