[関西]太陽光発電展 特別講演④

PV-S4 脱炭素社会の実現へ
~太陽光発電に求められる変革と挑戦~
9月27日(金) 14:30 15:50
  • 受講無料/事前申込制

脱炭素社会に向けた太陽光ソリューションの展開

気候変動リスクに対する懸念を背景に、SDGs、ESG投資、SBTやRE100など、脱炭素社会に向けた動きが世界的に加速している。本講演では、脱炭素社会に向けた動向について概説するとともに、NTTファシリティーズの再生可能エネルギーを用いた様々なソリューションについて当社の事例も含めて紹介する。
(株)NTTファシリティーズ ソリューション本部 スマートエネルギー部長 東京工業大学特任教授 正代 尊久
講演者プロフィール
1988年3月、九州大学大学院 総合理工学研究科卒業。同年4月、日本電信電話(株)へ入社し、リチウムイオン電池の研究開発に従事。2013年7月より(株)NTTファシリティーズ 研究開発本部にて、電力・建築・ICT融合技術の研究開発を推進。2014年4月より、スマートビジネス部スマートビジネス部門長として、北上新電力の設立等の新規ビジネス開発に従事。2019年7月より、ソリューション本部スマートエネルギー部長として、太陽光発電事業や電力小売事業を含むスマートエネルギー全般の推進を担当し、現在に至る。

主力電源として真の発展を迎える太陽光発電システム~PV150 @2030への行動計画~

太陽光発電システム導入量は、2020年代前半に世界は1TW時代を迎え、日本は100GW時代を目指す展開となる。制度開発で導入拡大への道をつけた平成時代は令和時代に移行し、太陽光発電の真の発展時代を迎える。主力電源として幕を開けた太陽光発電システムの今後の進展を予測し、将来像を展望する。
(株)資源総合システム 代表取締役 一木 修
講演者プロフィール
早稲田大学大学院理工学研究科資源工学専攻博士課程研究指導終了を経て、1983年3月(株)資源総合システムを設立。以来、シリコン原料から発電システムまでをカバーする太陽光発電分野専門のシンクタンクの代表として、調査及びコンサルテーションに従事している。受賞歴として、太陽光発電国際会議「特別賞」受賞(2007年)がある。その他、経済産業省及び新エネルギー・産業技術総合開発機構をはじめ、各種の太陽光発電システムに関する委員会委員を歴任している。

※敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。
 都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

◆セミナーに関するお問合せ

受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く)