二次電池展 専門技術セミナー

BJ-2 リチウムイオン電池の進化を支える最先端解析・材料探索技術
2月26日(水) 14:00 - 16:00
  • 事前申込制
  • 同時通訳付  日/英
コースリーダー : Course Leader :  パナソニック(株) 宇賀治 正弥 パナソニック(株) 宇賀治 正弥
サブコースリーダー : Sub Course Leader :  (株)村田製作所 永峰 政幸 (株)村田製作所 永峰 政幸

リチウムイオン電池材料の最先端分析技術

リチウムイオン電池分野では、大型電池の実用化、全固体電池の開発などが積極的に進められており、必要な分析技術も、高分解能、in situ測定など、難易度の高い領域への挑戦が求められている。本講演では、リチウムイオン電池材料の研究開発に有効な最先端の分析技術について紹介する。
(株)東レリサーチセンター 構造化学研究部 構造化学第2研究室 室長 青木 靖仁 青木 靖仁 室長 構造化学研究部 構造化学第2研究室 (株)東レリサーチセンター
講演者プロフィール Speaker Profile
2002年3月 京都大学大学院 理学研究科卒業。東レ(株)に入社。東レリサーチセンターにて工業材料のラマン、赤外分析に従事。リチウムイオン電池、燃料電池などエネルギー関連デバイスの分析評価を担当し、現在に至る。

セミナー申込み Apply

リチウムイオン電池のモデリング・シミュレーション技術開発

リチウムイオン二次電池やバッテリーパックの設計・評価では、電気化学特性をはじめ、充放電発熱・劣化・安全性に関わる各現象のモデル化と予測が重要となっている。ここでは、これら現象のモデリングとシミュレーション技術、および、機械学習を活用した設計最適化や劣化予測への取り組みを紹介する。
(株)コベルコ科研 技術本部 計算科学センター 担当部長 山上 達也 山上 達也 担当部長 技術本部 計算科学センター (株)コベルコ科研
講演者プロフィール Speaker Profile
1995年3月、京都大学大学院 理学研究科 物理学第一専攻修了。2007年より、(株)コベルコ科研にて、リチウムイオン電池や電動車両の評価とモデルベース開発に従事。
専門:応用物理学、マルチスケール/マルチフィジックスシミュレーション、モデルベース開発
博士(工学)、技術士(応用理学)、大阪大学・招聘准教授(2017年~)

セミナー申込み Apply

AIを活用した材料開発 ~電池開発を例に~

MI-6(株)は、MI専業のスタートアップとして電池材料を含む様々な材料・テーマについて数多くの共同開発および受託解析案件を遂行してきた。本講演では、弊社の経験を踏まえてMIの概要や活用事例を紹介し、今後の発展性について議論する。
MI-6(株) 執行役員 入江 満 入江 満 執行役員 MI-6(株)
講演者プロフィール Speaker Profile
2014年東京工業大学生命理工学部卒業、2016年同大学大学院生命理工学研究科修了(工学修士)。バイオインフォマティクスを専攻し、統計解析・データ可視化・web技術等を学ぶ。2017年(株)三菱総合研究所に入社し、省庁の情報政策に係る調査案件や民間企業のデータ利活用に関するコンサルティング・解析業務等に従事。2018年外資系ITベンチャーを経て、現職。

セミナー申込み Apply

本講演に興味をもたれた方は、こちらの講演もご覧になっています。 You may also be interested in the following session(s).

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く、12/29~1/3を除く)